【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許期間中の洗濯はどうするの?

合宿によって免許の取得を考えている場合、合宿期間中の洗濯はどうすれば良いのだろうと心配になる人もいるかもしれません。

合宿は2週間前後であることが多いので、どのような方法で服を洗うことができるのか知っておけば、合宿免許に関する不安を取り除くことができるでしょう。

 

合宿免許中はどうやって洗濯を行うのか

合宿免許中に一回も服を洗わないというのは、現実的に考えても不可能です。多くの場合は、二週間前後の期間をかけて教習を受けるので、下着だけでも十数枚必要となってしまいます。

洗わずに新しいものに交換するとなれば、持ちきれないほどの荷物を持参することになるはずです。また、同じものを二日間着ようと考える人もいるかもしれませんが、夏に行われる合宿では、洗わなければ不衛生だと思われるでしょう。

そこで、どうしても合宿中に服を洗う必要が出てくると言えます。宿泊施設にある洗濯機近くのコインランドリーを使用することがほとんどです。

合宿場のような宿舎であれば、無料や低価格で使用できる機械が備え付けられていることが多いと言えます。ホテルのような宿泊施設を利用する場合は、施設内に機械が置いてあることもあれば、近隣にコインランドリーがあるというケースもあります。

いずれも、服が足りなくなる前に自分で洗わなければならないということは共通しています。教習所側や宿泊施設側で洗ってくれるということはありませんので、自分で洗う必要があるのです。

もちろん機械が人数分用意されているなんてことはないので、他の人が使用していない時間を狙って使用しなければ、洗おうと思っていた時に洗うことができず、服が足りなくなってしまう可能性があるので注意しておいてください。

 

合宿免許中に洗濯をするときに用意しておくもの

コインランドリーを使用する場合は、料金が少し高い代わりに洗剤などを購入する必要がありません。自動で洗剤を投入して洗ってくれるため、わざわざ洗剤や柔軟剤を入れる必要がないのです。

その一方で、コインランドリー以外の方法で洗う場合は、洗剤が必要となります。このタイプの場合、利用料はワンコイン程度と非常に安いのですが、自分で洗剤や柔軟剤を入れなければなりません。

近所のドラッグストアやスーパーで購入するという人も多いようですが、自宅から小分けにした洗剤を持って行っても良いでしょう。また、部屋から洗う場所まで服を運ぶ必要があるので、ネットや折りたためる袋を用意しておくことをおすすめします。

特に下着などの細かいものは手で運ぶと落としやすいです。宿泊施設は性別によって分けられていないことがほとんどなので、異性の前で下着を落としてしまうかもしれないので、袋などを用意しておきましょう。

そして、乾燥機を使用しても乾きがあともう少しということもあります。ほとんどの服が乾いているのに一部だけ乾いていないという場合は、もう一度乾燥しなくてもハンガーを用意しておけば部屋で乾かすことができるでしょう。

このように、洗剤や柔軟剤、服を運ぶための袋やハンガーなどを用意しておけば、合宿免許中に洗濯をするときに起こりがちな困りごとを避けることができます。

 

合宿免許で服を洗う費用を抑える方法

合宿免許中に何度も洗濯を行ってしまうと、費用がかなり掛かってしまいます。そのため、一日や二日で洗ってしまうのではなく、数日間の服をためてから洗うことがおすすめだと言えるでしょう。

数日間ためることができれば、合宿中に三回から五回程度の洗濯で済ませることができます。少ない回数で済ませるためには、着回しを考えておくことが重要です。

下着は毎日交換するべきですが、羽織ものは毎回洗う必要がないので上手く活用しましょう。また、分厚い生地のものを選ばないように気をつけておいてください。

分厚いボトムスを選ぶと、乾燥機に入れてもなかなか乾かない可能性があります。季節にもよりますが、洗った後に乾きやすいような薄手の生地の服を選んだり、乾きやすい素材のものを選べば乾燥にかかる費用を抑えることができるのです。

もし、数日間洗っていない服を部屋に置いておきたくないと言うのであれば、友達と一緒に利用するという方法もありでしょう。話し合ってお互いが納得しているのであれば、料金を折半して一緒に洗濯すれば頻度を増やすことができます。

仲がいい友達と一緒に教習を受ける場合は、こういった方法があるということも覚えておくと良いでしょう。他にも、洗剤やネットなど洗濯に必要なものを家から持参すれば、合宿中に調達する必要がないので、費用を抑えることができます。

 

合宿免許中の洗濯をどうするのか把握しておけば、合宿の直前になって焦ることもありません。自分で洗うということを覚えておき、あったら便利なグッズはあらかじめ用意しておくようにしましょう。そうすることで、快適に過ごすことができます。

サイト内検索
記事一覧