【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許でローンを組みたい!学生でもローンを組むことはできる?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/12/03


合宿免許に参加したいのにまとまったお金がないときは、運転免許ローンを利用すると便利ですが、それについてよく分からない人も多いでしょう。ですのでここでは、ローンがどんなものかや、学生でも利用できるのかということについて紹介します。

運転免許ローンとはどんなものなのか

合宿免許は、一般的な通学免許と比べると費用が安く済むことが魅力となっていますが、それでも20万円以上といった高額な費用が必要になります。十分な貯金があれば一括で支払うこともできるのですが、20万円以上のお金を一度に用意できない人も少なくないでしょう。

そもそも運転免許を取得しようとしている人は学生が多いと言えますが、学校に通っている立場でそうした高額なお金を用意することは難しいと言えます。あるいは自分の親にお金を出してもらうという方法もありますし、そうしている人も多くいますが、できるだけ親に負担をかけたくないと考えている人もいるでしょう。

そこで便利なのが、「運転免許ローン」と呼ばれるものであり、運転免許で費用が必要な場合に利用することができるサービスになっています。このサービスを提供しているのは銀行やクレジットカード会社であり、インターネットで申し込みができるところも多いため、手続きも比較的簡単におこなえると言えるでしょう。

また支払い方法については、当然のことながら通常の分割払いもありますが、学校に通っている立場の人でも利用しやすいような支払い方法もあります。それはどんなものかというと、高校や大学などの学校を卒業して就職し、給料をもらうことができるようになってから返済できるという方法です。

こうした支払い方法を利用すれば、在学中に無理して返済する必要がなくなるため、お金の工面によって学業に支障をきたすこともないと言えるでしょう。

利用するための条件や審査はどうなっているのか

運転免許ローンは、銀行やクレジットカード会社といった金融機関にお金を借りることができるサービスなので、もちろん利用するための条件や審査があります。このサービスを利用できる年齢は、18歳以上となっているため、自動車の運転免許を取得できる年齢であれば利用できるということになります。

ただし18歳以上という年齢であっても、高校生の場合はアルバイトだけでは返済する能力が足りないと判断されて、連帯保証人を用意することが求められることが多いと言えるでしょう。あるいは、高校生という立場では契約自体ができないこともあり、その場合は本人に代わって親が契約者になるというケースも少なくありません。

そして20歳未満の大学生については、親の同意を得ることで本人が直接契約できる場合もありますが、実際は連帯保証人が必要だったり親が契約者になったりすることが多いと言えます。

さらに20歳以上の場合は、学校に通っている立場の人でも本人だけで契約をおこなうことができます。審査に関しては、収入がどれぐらいあるかということや、他の金融機関からの借り入れ状況などがその対象になると言えるでしょう。

20歳未満の場合は、親が連帯保証人などになる必要が多くなるため、親の収入や金融機関の利用状況が重要になってきます。そして20歳以上の場合は、アルバイトやパートなどで本人に収入があるほうが審査に通りやすいということが言われています。

金融機関の種類によって条件や審査基準が違う

運転免許ローンは銀行やクレジットカード会社が提供していますが、こうした金融機関の種類によって条件や審査の厳しさも変わってくるという特徴があります。条件や審査がより厳しいのは銀行だと言われており、未成年や学校に通っている立場の人は、本人だけで契約するのはほぼ無理だと言われています。そのため、銀行をどうしても利用したい場合は、親名義での契約になってしまうということが言えるでしょう。

そしてクレジットカード会社の場合は、20歳以上であれば学生であっても本人名義で利用することができますが、未成年は親に連帯保証人になってもらう必要が出てきます。こうしたクレジットカード会社の中には未成年でも保証人が不要というケースもありますが、それでも親の同意は必要となってくるため、本人の意思だけで利用することはできないと言えるでしょう。

以上のような理由から、銀行が無理な場合でも、クレジットカード会社であれば審査に通る可能性が高くなると言えます。しかし、銀行は条件や審査が厳しい代わりに金利が安く設定されているため、返済の負担を減らすことができるというメリットがあるのです。したがって、年齢などの条件をクリアしているのであれば、まずは金利の安い銀行系のところに申し込んでみるのもよいと言えるでしょう。

 

合宿免許の費用を一度に用意できない場合は、銀行やクレジットカード会社が提供している「運転免許ローン」を利用すると便利です。利用できる年齢は18歳以上とされていますが、20歳未満の未成年の場合は連帯保証人が必要になるケースや、親が契約者になるケースがあります。

また銀行系の運転免許ローンは金利が安いことがメリットですが、未成年や学生の場合は、親名義での利用になってしまうことがほとんどだと言えるでしょう。

合宿免許でおすすめの教習所一覧

イメージ12345
会社名ドライビング・スクールかいなんトヨタドライビングスクール群馬新潟中央自動車学校静岡県セイブ自動車学校カースクール多度津(多度津自動車学校)
ポイント年間入校者数4,000人以上!失敗しない合宿免許ならここ選べる宿泊プランでカップルでの合宿免許にも最適!珍しい車両も用意された充実のバックアップ体制が魅力シンメトリーで個性的な建物と充実したサービスが嬉しい美しい景観の路上教習と充実した指導体制が魅力です!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧