【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許は最短何日で終わるの?

公開日:2018/11/06  

免許を取得する方法として、通学で通う方法以外にも合宿で取得する方法があります。

合宿免許は通学よりもリーズナブルという料金面のメリットがあるのはもちろんのこと、集中的に免許の取得をすることができ、スケジュールもきちんと決められているので、より短期間で効率よく免許を取ることができるという魅力もあります。

しかし一口に合宿免許といっても、合宿先は豊富にあり合宿先による違いも様々です。

金銭面の違いが気になるという人も多いでしょうが、それ以外にも最も早くて何日間あれば合宿が終わるのかという点にも注目しておくようにしましょう。

基本的にはおよそ二週間から三週間と、合宿プランによる違いがあります。

合宿の日数が多いタイプのものは、観光したりレジャーを楽しむ日が設けられており、合宿を楽しみながら免許の取得をしていきたい人に適していますが、当然その分料金も高くなります。

少しでも早く短期間で免許の取得をしたい人や、少しでも安く免許を取りたい場合には、最短何日で終わるのかという点に注目して合宿先やプランを選ぶようにしておきましょう。

最短の合宿日数は何日間かについて

自動車教習所を最も短くて何日間あれば卒業できるのかというと、道路交通法で定められている運転免許の車種の最短教習時限数と、一日に教習を受けることができる技能教習の最大時限数が関係してくることになります。

一般的には普通車のオートマタイプは十四日間での卒業となり、ミッションタイプになると十六日間が最も短い合宿の日数となっています。

自動二輪免許を取得している人の場合には、さらに短い日数で卒業することができる場合もあるので、予め確認しておくことが大切になってきます。

合宿先の休校日による違いについて

期間の日数は全ての教習所が同じというわけではないということも頭に置いておく必要があります。

休校日を設けている教習所も多く、その場合には週に一回必ず休みというケースが多いです。

普通車の場合必ず二回の休校日が入ることになります。

普通車オートマの最短日数は十六日間になることは明らかです。

それのみではなく、修了検定や卒業検定、そして仮免許学科試験を実施する曜日が決まっているなどが理由となり、日数が長く設定されているケースも珍しくはありません。

オフシーズンなどで利用者があまりおらず空いている時期には、短い日数で卒業することができる教習所でも、春休みや夏休みなど利用者が多い時期にはオフシーズンよりも長い期間の設定となっている教習所も多いです。

合宿で免許を取得するためには予約が必要ですが、予約の際には入校日や参加料金のチェックはもちろんのこと、卒業できる予定日も確認をしておくことは忘れないようにしましょう。

注意しておくべきポイントについて

合宿期間が終わったからといって、それだけで免許の取得ができたというわけではないので気をつけなくてはなりません。

その後試験を受けに行き合格して初めて免許の取得ができたということになるので、合宿を終えたら終わりではないということは頭に置いておくべきです。

合宿のメリットとして効率的に早く免許の取得に繋がるという点がありますが、合宿期間が短いということはその分、短い期間内で勉強をして知識を頭に入れたり運転のコツを掴んでいかなくてはならないということになります。

教習が思うように進まないとなれば、日程が延長してしまい、卒業予定日が延びてしまうということにも繋がります。

そうなれば延長の費用など余計な出費がかさんでしまい予定していたよりも合宿料金がかさんでしまうことにもなりかねません。

合宿に参加するメリットとしては、短い日数での取得というだけではなく通学よりもリーズナブルという点があるので、そのメリットをしっかりと活かすためにも集中して学んでいく必要があります。

万が一延長となった際には、追加料金が必要とならないように保証のついたプランを選ぶなど対策をしておくことも視野に入れておくようにしましょう。

教習が思うように進まない場合で、土日など休校日を挟んでしまうとなればその間は何もすることができず次のチャンスを待たなくてはならなくなるので気をつけなくてはなりません。

まとめ

合宿に参加する理由としては、リーズナブルということや短い期間で免許の取得に繋がるという点が魅力に感じているという人が多いですが、その場合には合宿先により最も早くて何日間で卒業できるのかをしっかりチェックしておく必要があります。

時期による違いもあるので、年間通して同じと考えるのではなく、自らが参加できる時期には何日間での卒業が可能なのかを聞いておくべきです。

短い期間で卒業できるプランは、その分料金もリーズナブルで済ませることができるというダブルの魅力がありますが、延長となってしまう可能性も考えておかなくてはなりません。

早く取得するために合宿に参加するという場合には、卒業の日にちを確認しておき納得できる教習所を選ぶことが重要になってくることは間違いありません。

サイト内検索
記事一覧