格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許に身長制限はある?

自動車やバイクは今の時代はかなり身近な存在であり、移動の手段として欠かせないという地域も多く、自動車やバイクの免許を取る人も多いです。

免許を取得するための方法としては、通学か合宿から選ぶことになりますが、まとまった休みがある場合には、合宿にしておいた方が通学よりも短期間でありリーズナブルに免許を取得することができるというメリットがあり、近年では合宿免許の人気が高まっている傾向にあります。

人気が高くなったことから、宿泊先やプランの選択肢も多くなっていて、選べるのは良いことと言えます。

免許を取得することができる年齢ははっきり定められていて、その年齢に達しないことには取得することはできないので、合宿に参加することももちろんできません。しかし免許の取得を考え、年齢も達していることから合宿に参加することを考えた際に気になるのは、身長や体重といった体型に関する制限はあるのかという点ではないでしょうか。

身長の制限は基本的には存在していない

体重に関しては、自動車ならば車内に乗ることができてシートベルトができるなど、安全に走行するために支障がなければ制限はありません。それと同様に、身長に関しても特に制限があるわけではなく、小さな人も大きな人も合宿に参加して免許の取得をすることはできます。

学科教習と技能教習で注意すべき点とは

背が低い人の場合には、自動車に乗っても小さいので前がしっかりと見えないということもあり、そうなると危険なので座布団を持参するなどして座高を高くすることができるように準備してから参加するようにしましょう。合宿先によっては、レバーで椅子が少し高くなるなど調整することができる自動車もありますが、限界もあるのでしっかりチェックしておき、準備をしておくべきです。

しかしあまりに小さいとなれば、ブレーキやアクセルに足が届かないので、その場合には一般の自動車の運転は不可能ということになります。身長が小さい人は、制限は設けられていないとはいっても油断せずに、事前に合宿先に問い合わせて確認しておくと安心して参加することができます。

それとは逆に身長が高い場合には、車内が狭く感じ、身を縮めて乗らなくてはならなくなるので、首や腰が痛くなりがちです。一日に自動車に乗る時間が多い合宿では、身体が痛くなりがちということも頭に置いておくべきです。学科教習に関しても、身長の大きな人は後ろの人の迷惑にならないように後ろの席に座るようにしたり、小さな人は前に座るなど考えて学ぶようにしましょう。周りの迷惑にならないようにし、自分自身もしっかりと学んでいくことができるように考えて行動することが大切になってきます。

身長制限はなくても基準が設けられている場合もある

自動車の免許を取得するための資格や条件には、明確な身長の数値の規定があるわけではありませんが、安全に運転をするということが第一であり、視覚的な確認が十分できなかったり、適切な操作ができないなど運転する上で支障が出るとなれば、教習を進めることはできなくなってしまいます。そのため自動車教習所では、入校基準を設けているケースが多いです。もちろん基準を満たせていないという場合でも、必ずしも入校することができないというわけではないので微妙なラインの場合には問い合わせてみるようにしましょう。

運転免許センターに設けられている運転適性相談窓口に行けば、実際に自動車を運転する能力があるかどうかはもちろんのこと、どのようなタイプの自動車ならば安全に運転することができるかということを知るための検査を受けることができ、その検査の結果で無条件で運転免許を取得することが可能なのか、条件付ならば可能なのかということがわかります。無条件で取得可能という場合には相談票を持って行けば入校することができます。条件付きという場合には、事前に教習所との確認が必要になります。二輪の場合には、またがって両足のつま先が地面に届くのかということや、二輪車を支えられるのかということや引き起こせるのかということなどが条件となってくるので、小柄であり体力もあまりないとなれば、免許の取得は難しくなってしまうので気をつけましょう。

免許の取得をするために合宿に参加する場合には、身長制限は設けられていませんが、基準が設けられているケースが大半です。しかしこの基準は、合宿だけに当てはまることではなく、通学でも同じことなので通学では取得できても合宿には参加できないということはありません。身長の大きな人は、周りの迷惑にならないようにしたり自分の体や体調に気をつけておけば問題はありませんが、身長が小さいという場合には、視覚的な確認がしっかりとできるのかやアクセルやブレーキにはしっかり足が届いて踏み込むことができるのかという、安全に運転することができるのかという点が関係してくることになるので、必ずしも全ての人が合宿に参加して免許の取得をすることができるとは限りません。合宿となれば遠方を選ぶ人も多く、事前に自分の目で見て確認することができないからこそ、申し込む前に身長に関して確認しておくようにしましょう。

サイト内検索