格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許の料金はどれぐらい?

合宿免許の料金はどれぐらい?

 

合宿免許のメリットとしてまず短期間で取得が挙げられます。
普通免許ATで最短14日なので時間の有効活用ができます。
そして、料金の安さもメリットとして挙げられます。
安さの理由として、教習所側でスケジュールが組めて、短期間で卒業するため回転率が良いのがあたります。
では具体的にどのくらいかかるものでしょうか。

 

時期によって異なる合宿免許の料金

結論として、合宿免許の時期とプランによって値段が変わりますが、通学と比較して安いことが多いです。
料金は安いところで18万円台から40万円台と幅があります。

〇狙い目はオフシーズン
①まず、合宿免許は時期によって料金が大きく変わります。
高くなる時期は7月中旬から9月中旬、1月下旬から3月中旬と学生の長期休暇の時期です。
この時期には学生が多く入校するため、高くなってしまいますが、それ以外の時期は安くなっています。
例えば、教習所によって異なりますが、ホテルで食事つきプランの場合、オフシーズンだと22万円台のところが、ハイシーズンだと32万円台と変わります。
ハイシーズンといえども、通学で取得する場合の料金にホテル代を加えればその値段になりえます。
その上、通学で短期間で取得するとなると高額なプランが多いため、それを考慮に入れた場合は、ハイシーズンでの合宿免許の方が安くなりそうですが、高額なことは確かです。
そのため、学生で単位を取得済みでオフシーズンに休んでも大丈夫な方や、社会人で有給休暇を使える方は、オフシーズンで取る方が、料金の面では有利です。

②そして、オフシーズンだと利用者が少なく、教習所で走行中の車が少ないので、実技教習開始前や教室の混雑などがなくスムーズに教習ができますし、教官とコミュニケーションする時間も増えます。
さらに、予約も取りやすいです。
以上から、安く済ませるには、オフシーズンを狙うのが有効です。

 

自炊か食事付などで異なる合宿免許の料金

次に、合宿免許はプランによって異なります。
①一番安いプランの多くは、相部屋で食事は自炊プランです。
相部屋の場合知らない人同士ととても気を遣いますが、友人同士で参加するのならばその点は解消されます。
自炊だと、料理は各自で行いますが、注意点としては泊まる部屋周辺にスーパーマーケットやコンビニなど食品を扱っているところがあるかを確認する必要があります。
自分で料理は大丈夫な方や、外食で観光を楽しみたい方には向いているでしょう。

②次に、ホテルで食事つきのプランです。
その中に、相部屋かシングルかで分かれますが、相部屋の方が安いです。
食事つきのメリットとしては、料理のことを気にしなくても良いのがあたります。
3食付いているところが多いですが、一食に出される食事の量は多めです。
これは食べ盛りの学生が多いことから由来します。
場所によってはバイキング形式のところがありますが、オフシーズンの場合はそうでないところが多いです。
なので、栄養面では気にせず卒業に集中できます。
一般的にホテルのシングルで食事付きが高いところが多いです。
とは言うものの、相部屋自炊プランとシングル食事付プランでは数万円台と変わらないことが多いです。
例えば、オフシーズンの場合、前者のだと18万円台に対し、後者だと21万円台などです。
食事代を一日あたりで考えた場合、後者の方がお得と考えやすくなります。
例えば、なお、教習所によってプラン数が異なりますし、教習所はたくさんあるので予算に応じて選ぶ必要があります。

 

手数料や交通費などの合宿免許の料金について

合宿免許に入校するうえで、提示された料金に加えて、払わなければならないものがあります。
①まず、仮免許試験手数料として1700円仮免許交付手数料として1150円です。
両手数料は合宿免許1日目に支払うことがあるので、事前に準備は必要です。

②なお、仮免許試験に落ちると再び試験手数料を支払わなければならないので、一回で受かれば良いのですが、不合格にならない保証はないため、残念ながらそういったことになったときに備えて多く持っていた方が無難です。

③合宿免許の教習所までは居住地から離れているため、移動の際の電車やバスなどの交通費がかかってしまいます。
教習所の多くは、交通費は、教習所が提示されている交通手段のルートを基準に一部から全額まで支給されています。
ただし、全額といっても学割切符での料金のところがあるので、事前に確認が必要です。
交通費の支給は現金で受け取るところや切符が支給されているところなど教習所によって異なります。
現金で支給されているところでは、交通費を浮かすためにあえて高速や夜行バスを利用する人がいます。
安く済ませるのであれば有効ですが、疲れがたまって教習や帰宅後に支障がでないように注意すべきです。
そして、観光で使った料金やお土産代なども購入すれば、料金としてかかります。

〇まとめ
★合宿免許はハイシーズンとオフシーズンによって料金が大きく変動します。
★その上、プランによって料金が異なりますが、一番料金として大きいのは時期といえます。
★さらに、仮免許などの手数料や支給されるところがありますが交通費などもかかります。

サイト内検索
記事一覧