格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許の支払い方法は?

免許を取るための方法として、通学か合宿かの二択から選ぶことになりますが、近年では合宿免許の人気が高まっており、多くの人が合宿で免許を取得しています

合宿にすることで短期間でありながら、料金も通学よりもリーズナブルでお得に免許を取得することができるということなど、ありとあらゆるメリットがあります。

その際に気になるのは、支払いはどのような方法があるのかという点ではないでしょうか。

銀行振込による支払い方法について

合宿免許で入校の申し込みをする際に、銀行振込による支払い方法を選んでおくと、申し込みをした後に支払いの書類等が送られてくるので、それに従い振込先に振り込めば良いだけとなっています。指定された期限までに振込を済ませておかないと、申し込みを取り消されてしまうので気をつけましょう。

銀行振込は現金で一括になるので、その分一度の負担は大きくなりますが、支払ってしまえば後は合宿に行くだけなので手間もかかりません。振込の際に発生する手数料に関しては、申し込んだ側の負担となるので気をつけておきましょう。

運転免許ローンによる支払い方法について

現金で一括で支払うことができないという場合には、運転免許ローンを利用するという方法があります。入校申し込みをする際に、銀行振込ではなく運転免許ローンの申し込みを選択すると、運転免許ローン用の書類等が郵送されてくるので、必要事項を記入して返送するようにしましょう。その後審査に入ることになります。

ローンの分割や頭金の金額は、申し込みをした時に決めることになるので、事前に考えておくようにしましょう。審査をクリアすることができたら、頭金を振り込みます。その後は指定した回数の分割で支払っていくことになります。当然のことですが、分割の回数が多ければ多いほど金利手数料が発生するので、支払いの総額は高額になってしまいます。

合宿による免許の取得のメリットとして、料金が安く済むという点があるので、合宿のメリットを最大限まで引き出したいという場合には、少しでも早く支払い終わるようにするべきです。しかし、一括では支払えないという場合には、運転免許ローンがあるというのはかなり良いことであり、すぐに免許を取得したいという人にも適しています。十八歳以上の学生でも、親の保証があれば申し込むことができ、一般的なローンの審査とは違い目的ローンということから審査も比較的優しいものとなっています。もちろんアルバイトやパートでも、安定した一定の収入があると認められればクリアすることは可能です。

気をつけるべきポイントについて

銀行振込の支払いの場合にも運転免許ローンの支払いの場合にも、申し込みは早い段階で行っておくようにしましょう。銀行振込の場合は、入校日前日に申し込んで即日入金ということもできないわけではありませんが、必要な書類を準備する必要もあり、必要者類が揃っていないと入稿することができないので、早い段階で申し込んでおくべきです。運転免許ローンの場合には、審査の期間が必要になるので、その分早く申し込んでおく必要があります。最低でも10日前には申し込んでおくようにするべきです。

どちらの支払いの方法にも当てはまることですが、定員がすでにいっぱいになってしまっていると、申し込むことができないので、夏休みや春休みといった多くの人が免許の取得をするシーズンには、早めに申し込んで支払いも済ませておくべきです。どちらの場合にも余裕を持って申し込んでおくと安心できます。

免許を取得するためには試験に合格する必要があり、合格できないと追加料金が発生してしまう場合もあるということも頭に置いておかなくてはなりません。日程通りに進み予定通りに合格することができれば、基本的には追加料金は発生しませんが、合格出来なければ再試験はもちろんのこと、宿泊施設の日数の延長などの追加料金が発生します。追加料金が発生しないプランを設けている合宿先もありますが、そのプランは少し高めに設定されていることが多いです。追加料金が必要になってしまった場合には、どのように支払うのかということも事前に確認しておくと安心できます。

銀行振込や運転免許ローンの他にも、クレジットカード払いや入校当日に受付で現金で一括で支払うことができる合宿先や、その都度払いで合宿終了までに支払うという方法を設けている合宿先もあったりと、合宿先により異なる点もあるので事前にしっかりチェックしてから選ぶようにしましょう。近年では書類の送付がなく、ウェブサイトから全ての手続きを済ませることができる合宿先も増えており、その分申し込みをしてすぐに手続きを開始することもできるようになっています。しかし、人気の合宿先やシーズンには多くの申し込み希望があり、定員がいっぱいになってしまうと入校することができなくなってしまうので、手持ちがないという場合でも現金が溜まるのを待つのではなく、申し込みだけでも済ませてしまうべきではないでしょうか。

サイト内検索