【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許の生活上のルール

合宿免許は平均すると2週間ほどで卒業をすることができます。

期間としてはそれほど長いものではありませんが、一時的とはいえ生徒同士が共に暮らすわけですので、生活上の守るべきルールやマナーを理解しておくことが大切です。

他の生徒や施設への迷惑になると強制退校になる可能性もあるため注意が必要です。

 

合宿のカリキュラムを守ることが大切

生活をする上でのルールはいくつかあり、中でも大前提と言えるのが、カリキュラムを確実に守ることです。

そもそも合宿免許が短期間で卒業できる理由は、教習所側によってスケジュール管理が徹底されているからです。学科や実技、休憩時間などを細かく管理することで効率的に生徒を卒業させられ、また、コストを削減することで生徒は安く参加することができるのです。したがって、合宿免許を利用する人は、用意されたカリキュラムをきちんと守ることが必要不可欠であり、ルールを守ることができる人だけが参加資格を持つことができるのです。

もしも、カリキュラムに縛られるのが難しい場合は、通学スタイルでの免許取得を考えた方が良いでしょう。合宿免許のスケジュールをしっかりと守れる人ならば良いのですが、それが難しい人もいるはずです。

そもそも卒業までの約2週間というまとまった時間を得られるのは、多くの場合は学生に限定され、学生にしても夏休みなどの期間ではないと難しい面もあります。スケジュールの都合で合宿の継続が難しくなることもあるものですが、そのような可能性がある場合は、無難に通学コースを選択した方が自由度は高く安心です。

逆に、しっかりと最後まで参加をし続けられる時間的余裕があるのならば、合宿免許が最適でしょう。短期間で卒業をできますので時間のムダがなく、料金も安く負担も小さめです。

 

人に迷惑を掛けないように過ごす

合宿免許では生徒同士が共同生活を行いますが、お互いが快適に過ごすためにも、迷惑を掛けないように努めるのがマナーです。一口に迷惑行為と言っても沢山ありますが、例えば特定の生徒への嫌がらせや物を盗む、講習を受けている際にうるさくするなどが挙げられます。

どれも一般社会においても守るべき行為ですので、こういったトラブルが生じる可能性は低いものの、それでも色々な生徒が参加する以上、発生しないとも言い切れないのです。そしてもしも他の生徒への迷惑行為が確認された場合、強制的に退校をさせられる可能性もありますので注意しましょう。

宿泊施設側への迷惑行為にも気を付けなければいけません。合宿先としては、アパートや旅館、ホテルなどが挙げられますが、いずれの施設も借りて利用しているわけですのでマナーを守り、自分勝手な振る舞いは厳禁です。

備品を壊したり盗んだり、また施設内で騒ぐといったことも禁止です。宿泊施設に関しては、合宿免許の参加者だけでなく、一般の利用客が泊まっていることもあります。

そういった利用客への迷惑となり、施設側にクレームが入ると、これもまた強制退校の理由になる恐れがあるのです。 強制的に合宿を終わらされてしまう可能性を考えると不安を感じるかもしれませんが、そのようなケースは基本的に低いため、過度に心配をする必要はありません。一般的に禁止されている行為をきちんと守るようにすれば、問題なく最後まで過ごすことができるはずです。

 

ルールを破っている余裕は持てない

ルールやマナーを守って過ごすのが合宿免許の基本ですが、そもそもルールなどを破っている余裕は持てないかもしれません。毎日のスケジュールはみっちりと詰まっていますので、日中の自由時間は少なめです。

途中に空き時間があってもしばらくしたら次の講習の予定が入り、できることも限られてしまうでしょう。 夜になると自由時間となりますので、生徒同士でコミュニケーションを楽しんだり、出掛けていったりすることもあります。

フリーになる時間は羽目を外し過ぎないよう、過ごし方に注意が必要ではあるものの、慣れない合宿に疲れてしまう生徒も少なくありません。それに、自由時間を上手く活用して勉強しないと、卒業試験にも落ちてしまう可能性がありますので気を付けた方が良いでしょう。

特に講習だけではしっかりと覚えることができていない人は、自習に力を入れることも必要です。そもそもの目的は無事に卒業をすることであり、怠けてしまうと予定通りに帰ることができない可能性もあります。

多くの生徒は約2週間で卒業できていますが、延泊が必要となるケースも実際にあるのです。保証がないところですと、延長に掛かる費用が自費となるため、追加で用意しなければいけません。遊んでいると、そんな風に無用な時間が掛かる羽目になる上、費用面でも負担が増してしまう可能性もありますので、何のための合宿免許なのかをよく考え、やるべきことに時間を費やすようにしましょう。

 

守るべきルール及びマナーがある合宿免許では、生徒一人ひとりが周りへの迷惑にならないように注意しなければいけません。とはいえ一般的なモラルを持ち過ごせば問題はありませんし、そもそも時間にそこまで余裕がある生活ではありませんので勉強をしている内に、あっという間に期間も終わるのではないでしょうか。

サイト内検索
記事一覧