【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許は転校できる?手続きと流れを紹介

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/01/25

合宿免許で免許を取得する為に学習している最中に、何らかのアクシデントで続けられなくなったときには転校することでその合宿免許に参加しなくても運転免許を取得することが出来ることをご存知でしょうか。

急な体調不良や親族の不幸など様々な理由で帰宅を余儀なくされた場合には、転校手続きをすることで取得した科目を引き継ぐことが可能です。

合宿免許の中断と転校はできる?

合宿免許というと、一般的には2週間程度の受講になりますがその期間中に何らかの理由で合宿を継続することが出来なくなることがあります。

急に体調が悪くなり、一緒に行っていた友達が帰宅することになって一人ではいづらくなるなど、理由は様々ですが合宿の雰囲気が自分には合わないというケースもすくなくありません。

そのような時には途中で帰ってしまうと無効になってしまいますが、きちんとした条件を満たして手続きをすることで、すでに受講した科目はそのまま引き継ぐことが出来ますし新しく快適な環境で再び足りない教科を受講することが出来ます。

合宿で免許を取得する場合は、数か月前から予約をする必要がありますが人によっては都合がつかなくなり、外せない予定が入ってしまって途中で帰らざるを得ないということも少なくありません。

又、どうしても合宿の雰囲気になじめず、何らかの理由でその教習所を利用したくないという場合でも所定の手続きを踏むことでスムーズに新しい教習所に通うことが出来ます。

合宿免許に限らず、自動車教習所は一般的に転校することが出来るのが普通ですし理由は問われることはありません。

苦手な教官が居たり、その他様々な理由で転校をする人は少なくないので安心して手続きをして大丈夫です。

教習所を変更する場合は、引受先を探す必要がありますので、どこの教習所にするのかをあらかじめ決めておく必要がありますし、入校可能なのかも確認しておきましょう。

教習所の転校に必要な手続きとは

教習所を転校することになったら、合宿で通っていたところに転校の手続きを依頼します。

一般的にはすでに取得している科目の証明書を発行してくれることでその科目は新しく通う自動車教習所では履修する必要はなく免除になるのが普通です。

しかし、本当に理解できているのかを確認する為に1時間程度はその確認の時間を取るのが普通ですので履修時間は1時間以上増えることになります。

又、気になるのが費用ですがこれはスムーズに合宿免許で自動車免許を取得する場合に比べて2倍にはなりませんがそれなりの費用がかかります。

合宿免許の取得を途中でやめる場合は、すでに支払った料金を返金してもらえるのが一般的です。

全額は戻ってきませんが履修する予定でしなかった分の料金は返してもらえますし、事務手続きをするための諸費用などを差し引いた金額は返してもらえますので、このお金は新しく通う自動車学校に収めることになります。

新しく通う自動車学校に必要な費用は、入学金や不足した科目の履修する単にかかる費用や事務手数料です。

2つの学校に通うことになりますので、事務手数料は2倍かかってしまうので多少費用はかさみますがやめてしまうよりはよほど経済的と言えます。

料金はそれぞれの学校によっても異なりますので、費用を節約したい場合にはなるべくコストをカットすることが出来る教習所をあらかじめ比較して探しておくのが良いでしょう。

事務手数料や入学金などは学校によっても異なります。

合宿から別の合宿に転校も可能です

合宿免許を途中でやめて他の合宿免許に通うという人もあまり多くはありませんが、中にはいます。

ここで注意したいのは免許を取得するための合宿は、ハイシーズンになると特に人気がありますので希望するシーズンに取ることが出来ないというケースは少なくありません。

履修した科目には期限がありますので、ずっと有効なわけではなく引き継ぐことが出来る期限もきまっていますしすべての科目を履修する期限がありますのでそれまでに済ませる必要があります。

免許の合宿は特に長期休みに人が集中しやすいため、行きたい時にその学校が空いている可能性はあまり高くありません。

そのためあらかじめ確認しておく必要があるので注意しましょう。

合宿は料金が安いので多くの人に人気がありますし、短期間で取得できるというメリットもあります。

しかし、知らない土地に長期間滞在することによる体調不良なども出てくるケースがありますし、合わない人が居るので他の合宿に移りたいという人もいるのが実情です。

そのような場合、新しい受け入れ先の合宿があいていれば所定の手続きを済ませることで転校することは可能ですので事前に確認をしてから手続きを始めましょう。

すでに履修した科目を引き継げるので初めからスタートするわけではありません。

料金はかさみますが両方の学校に満額を収めるわけではありませんので、快適に通学したいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

学割なども適用になります。

サイト内検索
記事一覧