【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許を延長してしまったら料金はどれぐらいかかってしまう?

公開日:2018/10/15  最終更新日:2018/10/11

自動車やバイクの免許を取得する方法は、通学と合宿がありますが、近年では合宿免許の人気が高まっており、合宿先やプランも豊富になり選択肢が多くなったのは良いことと言えます。
合宿は通学よりも短期間で免許を取得することができるというスピーディな点と、料金も通学よりも安いという金銭面のメリットという二つが大きな魅力となっています。
少しでもスピーディでリーズナブルに免許を取得したいとなれば、合宿を選ぶのは当然の選択といえるのではないでしょうか。
その際に気をつけておかなくてはならないのが、予定していた通りに免許が取得できなかった場合の追加料金の有無です。

 

補習や試験に必要になる料金について

真面目に合宿に取り組んでいれば、基本的には予定通り免許を取得することはできますが、運転が苦手だったりと試験に落ちてしまうと予定通りに免許を取得することができないということもあります。それ以外にも体調を壊してしまうということもあるのではないでしょうか。

その際には追加で料金がいくら必要になるのかをあらかじめ把握しておくべきです。補習を受けると、その分の授業料が発生することになるのはもちろんのこと、試験を再度受けるためにも追加料金が発生することになります。何度も落ちてしまうと、その分どんどん追加料金が発生してしまうことになるので気をつけましょう。

試験や検定、効果測定で落ちる人は全体の一割から二割程度であり、これらに落ちることによって再び受け直すことになります。補習が必要になれば、そのぶん教習期間が延びていき料金も高くなります。

 

宿泊数が増えることにより必要となる追加料金

追加料金は授業料と試験の追加の分だけというわけではないので気をつけなくてはなりません。通学とは違い宿泊しながら免許の取得のために学んでいるので、試験に落ちたりすることで延長となれば、その分宿泊日数も増えることになります。宿泊が増えることにより料金が追加されていくのは当然のことです。

試験に落ちて翌日すぐに再び試験を受けることができれば、一泊増えるだけで済みますが、土日など試験が行われないタイミングを挟んでしまうと、何もすることができずただ宿泊日数のみが増えるということになってしまうので、勿体無い時間とお金を使うことになってしまいます。

宿泊先の施設や食事内容によって、一泊あたりに必要になる追加料金に違いがあるので気をつけなければなりません。中には、期間内に合格することができなければ宿泊先を変えられてしまうところもあります。

 

延長料金が発生しない合宿先やプランもある

運転に自信がないという人は、合宿で予定通りに試験を合格して免許を取得することができるのか不安という人が多いのではないでしょうか。その場合には、延長してしまっても追加料金が発生しないプランを選んでおくと安心することができます。大半の合宿先で、追加料金は発生しない保証のついたプランを設けていますが、その場合には当然のことではありますが、追加料金が発生してしまうプランよりも合宿料金は高くなっています。

保証内容の条件は教習所によって異なり、保証内容の範囲を超えてしまうと追加料金が発生してしまうことになるので気をつけなくてはなりません。三日から五日間程度ならば宿泊費や食事の追加の料金は発生しないというケースが多いですが、それを超えてしまうと一日数千円の料金が発生するプランが多くなっています。もちろん食事内容や宿泊先による違いもあるので、申し込む際にはよくチェックしておくようにしましょう。

あまりに何度も落ちてしまうと、追加料金のせいで通学と変わらない金額を支払わなければならないということにもなりかねません。合宿は短期間というのが魅力の一つですが、短期間ということはその分しっかり集中して学んでいく必要があるということです。保証内容の確認と、真面目に取り組むことが大切になってきます。

 

合宿は短期間でリーズナブルに免許を取得することができるというのが最大の魅力でありメリットですが、万が一予定通りに取得することができなければ追加料金が発生してしまうので気をつけなくてはなりません。追加料金が発生しないプランを選んでいても、保証内容は合宿先により違いがあるので気をつける必要があります。期間も数日プラスになることを考えておき、合宿後は数日は予定を入れないようにしておきましょう。
追加料金の支払い方法も見ておく必要があります。追加料金は、出校時に現金で支払うというところもあれば、後々振込で支払えるという場合もあります。万が一の事態を考えておき、少し手持ちのお金を多めに準備していくようにしたり、お金を降ろすことができるカードを持っていくようにしておきましょう。
基本的に追加で必要となる料金は、一日あたり五千円から一万円程度と考えておくべきです。せっかく安いプランを選んだにも関わらず、追加で高額になってしまうことがないようにするためにも、合宿期間にはしっかりと勉強に取り組んでいくようにすることが大切です。

サイト内検索
記事一覧