【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許にペットは連れ込み可能か?

短期間で免許取得したい、できるだけ費用を抑えたいという人は合宿で取得するという方法もあります。

この場合は最短なら2週間程度で取得ができますが、その間は家を空けることとなります。

そのため、犬や猫などを飼っている場合は飼い主が留守の間の世話をどうするのかも悩むところですね。

 

 

動物を連れていくことは可能なのか

合宿免許の自動車学校は、食費や宿泊費、交通費込でも安く取得ができますし、最短なら2週間程度で取得できるというメリットがあります。

カリキュラムもすでに組まれていますので、予約を行う手間もなく、ほぼ毎日運転をすることもできますので、短期間で運転の技術が上達することも期待できます。

合宿に参加する間は家を空けることとなりますが、動物を飼っている場合はそのままにしておくことはできません。

その間の食事や散歩などの世話は家族や知人などに依頼するという方法もありますが、できることなら愛するペットも一緒に連れていきたいと考えている人もいると思います。

まずは、合宿の際に動物を連れていけるのかを事前に確認しておきましょう。

 

ペットにとってはストレスになることも

一部では犬や猫などの動物を連れていくことが可能な合宿もあるようですが、この場合もずっと一緒にいられるというわけではなく提携のペットホテルなどに預けるということとなります。

そうなると、いつでも一緒に自由に過ごすというわけにはいきませんし、動物を預けるための費用も掛かってしまいます。

合宿に参加するメリットは費用を抑えるということもあげられますので、余計な費用が掛かってしまうとせっかく合宿を選ぶ意味がなくなってしまいます。

もしも連れていけたとしても、慣れない環境で過ごすことはペットにとってかなりのストレスになってしまうこともあります。

さらに、鳴き声や臭いの問題もありますし、他の教習生の中には動物にアレルギーのある人がいる可能性もあります。

それに長距離の移動は犬や猫の体には負担となりますので、そうしたことも考えるとやはり動物を連れていくことは現実的ではないと言えるでしょう。

ほとんどの合宿所では動物を連れていくことは禁止されていますので、連れていくということはあまり考えない方が良いと言えます。

どうしても合宿に参加したいという人は他の人に世話を依頼する、預かってくれる所を探すなどの対策を済ませておきたいところですね。

 

近隣の教習所に通うことも考えてみよう

動物の世話をしてくれる人や預ける先が見つかった場合は安心して合宿免許に参加することができます。

どうしても動物を預かってくれる人がいない、世話をしてもらえないという場合は合宿は諦めて近隣の教習所に通うことも考えていきたいところです。

この場合は合宿のように毎日自動車に乗れるわけではなく、免許の取得までにやや時間が掛かることもありますが、毎日帰宅することができますので、動物の世話で悩む必要はありません。

合宿に参加するよりは費用も多く掛かる場合もありますが、そのかわり動物を預ける費用は発生しませんので、トータルではかえって安くなる場合もあります。

こうした方法を選ぶと、飼い主が不在の際の動物のストレスを軽減することもできますし、他の教習生に気を使う必要もありません。

 

動物を飼っている人はその間は飼い主は不在となりますので、世話のことも考えておく必要があります。

合宿先に連れていくことは動物にとってもストレスになりますし、他の教習生にも迷惑になってしまう可能性があります。

飼い主の不在の間は預かってくれる人や、世話をしてくれる人を見つけておくことがおすすめですし、そうした人が見つからない場合は合宿ではなく地元の教習所に通うことも考えていきたいところです。

サイト内検索
記事一覧