【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合格率はどのくらい?受かりやすい理由とは?

地方の教習所などで数週間程度、短期集中で講習を受けることが出来る合宿免許は、通学で講習を受けるよりも免許がとりやすいといわれています。

料金や期間に違いがあるのは世間的にも知られていることですが、この他に着目すべき違いはあるのか、その合格率はどの程度なのかまずはチェックして教習所選びの参考にしていくといいでしょう。

 

合宿免許の合格率は?免許は取りやすい?

合宿免許の合格率は通学に比べるとそう大差はないといわれています。

正確な数字はそれぞれの教習所、免許を取得する地域によっても差が出てくることもありますが、ほとんどのケースではこの傾向は変わりません。

ただ、ある教習所では合宿のコースで入校した約9割の生徒がストレートで試験に合格して免許を取得するというケースもあります。

残りの1割は再び試験を受けなおしていくわけですが、それだけ高い合格率を誇っているのであればそう何度も試験を受けることもないと予想できます。

これに対して通学で講習を受けた生徒は、合宿のコースに比べるとその合格率が幾分低くなる傾向も出てきます。

もちろん、これは一部の教習所に限った話ですし、その確率の違いは微々たるものです。

とは言え、講習期間が短くて料金も安い、若干ではあるものの合格の可能性が高くなるというのであれば通学に比べてもメリットは多くなっていきます。

実際、このメリットのために通学ではなく合宿免許を選択する学生、フリーターは一定数存在しています。

合宿であっても通学であっても、一定の講習を受けなければ卒業試験を受けることもできません。

合宿だから講習が簡単になる、難しくなるという事もないのでこの点に関してはあまり比較する必要はないということです。

では、講習の内容にも大きな違いはないのにも関わらず、自動車免許の取りやすさに若干の違いが出てしまうのは何が理由となるのでしょうか?

 

合格率が高い理由は?通学タイプと何が違う?

合宿免許の方が通学に比べて若干合格率が高くなる理由は、その講習期間の短さが挙げられます。

合宿は通常2週間から3週間程度の期間で集中して講習を行っていきます。

スケジュールが過密になっている分、短期間で知識や技術を身に着けそれを反復練習しながら実践していく事ができるというわけです。

これに対して通学であれば、講習と講習の間に一定期間が空いてしまうため、人によってはその間に知識や技術が抜け落ちてしまうこともあります。

折角講習を受けて試験対策をしていたのにも関わらず、通学の期間が長すぎて試験を受けるころには一からやり直しの状態になっているというケースです。

もちろん、すべての人がそうというわけではありませんし、合宿でも通学でもストレートで合格する人はいます。

ただ、やはり記憶というものは時間がたてばたつほど抜け落ちてしまうものなので、講習を受け始めてから試験当日までの期間が長くなればなるほど不利な状況になるのは当然の事です。

合宿と通学とで合格率にそこまで大きな差はないものの、講習から試験までの日数で不利有利が出てしまうのは致し方ない事です。

教習所を選ぶ、講習のタイプを選ぶ際も自分が合宿と通学、どちらのタイプに適しているのかをしっかり把握していく事が大切です。

一発合格をすればその分手間も費用も軽減していく事が出来るのですから、より合格を目指しやすい、試験が有利に受けられる条件を選ぶのがベストになっていきます。

 

合格までの最短ルート、合宿免許のメリットは?

合宿免許のメリットは免許取得までの期間を最短にすることができるという点です。

先にも挙げたように合宿は通常2週間から3週間程度、その間は学校や仕事などの調整が必要ですが講習を短期集中で受けることで記憶が維持されたまま試験に臨むことができます。

通学であれば最初の講習の内容が抜け落ちていても不自然なことではありませんし、試験に落ちればさらにプラスに費用と期間が必要になっていきます。

この他、合宿免許のメリットには料金が安いこと、旅行気分で参加することが出来ることなどがあげられます。

教習所によって金額に差は出てくるものの、通学に比べると数万円単位でその金額が安くなっているのが特徴です。

また、こうした合宿は地方の教習所が生徒数を確保するために行っているケースが多く、自宅や職場から離れた地域に旅行気分で参加することも可能です。

合宿中の宿泊費、食費などもすべてが料金に含まれているので講習中も充実した生活を送ることが出来ます。

免許取得のための勉強をしながらも旅行気分で現地の観光を楽しむことが出来るなど、通学に比べてもそのメリットは多くなっています。

もちろん、合宿中は仕事や学校の授業を受けることが出来なくなるので、ある程度の休みが確保できる学生やフリーターにはお勧めですが社会人には不向きとなります。

とはいえ、このデメリットさえクリアできるのであれば通学よりも合宿免許を選択する方が賢明な判断だといえます。

 

サイト内検索
記事一覧