格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許の空き時間は外出することができる?


合宿で免許を取得するとき、そのスケジュールは朝から晩までかなり過密なのではというイメージがあります。
実際にはどのようなスケジュールで教習が組まれ、自由な時間はどれほどあるのか、そしてその時間をどのように過ごせるのかを考えることは、合宿を有意義に過ごす上でとても大切です。

 

合宿免許の一般的なスケジュール

合宿での免許取得は、通学だと数カ月かかるところ最短時間で取得できるのが一番のメリットです。そのため、朝から晩まで教習がみっちり入れられていて自由な時間がまったくないのではというイメージがあります。

しかし実際のところ、一般的な合宿のスケジュールは想像しているほど忙しいものではありません。必要な教習時間は車種によって異なりますが、例えば普通AT車なら技能が31時間、学科が16時間です。合計47時間を平均的な合宿日数である2週間に分配すると、1日の教習時間は3~4時間が平均的となります。

1日にもっとたくさんの教習時間を詰め込めば2週間より短く卒業できそうですが、技能教習は1日に受けられる時間が第一段階で2時間まで、第二段階で3時間までと決められているため、これ以上増やすことはできません。学科も、予習復習する時間も踏まえた上である程度の余裕とバランスをもって割り当てられているため、実際は全ての教習が終わった夜だけでなく、教習と教習の間にも意外と自由な時間ができるのです。

2~3時間という空き時間が1日に何度かできることもある一方で、丸一日休みという日は基本的に無いため、この空き時間を有効活用できるかどうかが合宿を楽しく有意義に乗り切るためのポイントとなってきます。

 

教習が終わった後の夜の自由時間

教習の時間割は朝から夜まで存在しますが、朝早くや夜遅くまで教習があるようなことはありません。一般的な夜ご飯くらいの時間帯には教習が終わり、自由時間となります。合宿のプランによりますが、自炊プランや食事が付いていないプランなら夜ご飯を食べに外出するのがお勧めです。

合宿は地方で行われることが多く、その土地ならではの食事を楽しめるのがメリットです。人の多い街まで外出をして郷土料理や名物を食べたり、教習が遅くまであって疲れた日は近くのコンビニなどで済ますこともできます。ただし、合宿所が用意した宿舎に泊る場合は必ず門限が存在するので、移動手段が乏しく時間も遅くなった日はあまり無理に外出せず、宿舎でゆっくり休みながら復習することも大切です。

教習が早めに終わった日は、少し遠出をして観光するのが人気です。せっかく遠くへ来たのだから、旅行気分で気晴らしをしたり想い出づくりをしたりする人も多いです。友達や恋人と合宿に参加した人はもちろん、一人で参加した人も合宿所で友達ができて一緒に出かけるようになることもあるようです。どんな観光スポットがあるかは合宿前に調べておくと効率が良いです。移動手段として折りたたみ自転車などを持ちこむ人もいるようですが、合宿所で自転車を貸し出していたり近くにレンタルサイクルがあったりする場合もあるので、そういったものを上手く活用したいところです。

 

教習と教習の間にある微妙な自由時間

合宿で免許を取得した人たちは、想像していたより教習が少なくて暇な時間を持て余したという声が多いです。その理由が、教習と教習の間にできる空き時間です。午前中丸々空いたり午後の教習がなかったりとまとまった時間が空けば外出がしやすいですが、1~2時間空いてまた教習というパターンではあまり遠くへは出かけられません。

一番多い自由時間の使い方が、持ちこんだパソコンやタブレットでのインターネットです。ネットサーフィンをしたり電子書籍で漫画や雑誌を読んだり、映画を観たりして時間を潰せばあっという間に次の教習です。合宿所に備え付けのパソコンがある場合もありますが台数に限りがあり、空いていることは少ないので基本的には自分が持ち込んだ機器を使うのがお勧めです。

他にも、学科の予習復習をしたり、合宿所に備え付けのコインランドリーで洗濯をしたり、昼寝をして午後に向け体調を整えたりと過ごし方は自由です。2週間もあるので、ある程度の生活感ある時間を過ごす必要性も出てきます。休日が無い分、空いている時間に休むことも必要になるかもしれません。

ただし、自由時間に宿泊所に戻れるかでその自由度が大きく変わるので、合宿所が用意した宿舎ではなく自分で泊るところを決めるプランの場合はできるだけ移動に時間がかからないよう合宿所に近い所にあるホテルなどを選ぶのがお勧めです。

 

合宿免許は意外と自由な時間が多く、それを知った上で準備をしないとかえって暇な時間を持て余してしまう可能性があります。持ち物の中に自由時間を有効活用できるようなツールを加えたり、事前に合宿所や宿泊所の近くを調べておいて外出できそうな場所をピックアップしておくのがお勧めです。一緒に行く友達や合宿所でできた友達にも声をかけて外出すれば、免許取得以外にもたくさんの思い出を作ることができます。

サイト内検索
記事一覧