格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

安い合宿免許に入校してお金に余裕を持とう!

安い合宿免許に入校してお金に余裕を持とう!

 

免許の取得には何十万円もかかるからと必死になってお金を貯めることになるのが一般的です。
しかし、少しでもお金を節約したいと考えたら合宿免許を利用すれば不可能ではありません。
どのような料金になっているのかを教習所に通う場合と比較しながら理解しておきましょう。

 

 

合宿免許の相場は教習所に通うより低い

運転免許証が欲しいというときに本当に技能も知識もある人なら最安にする手段は運転免許試験場に行って技能試験と学科試験に合格するという方法です。
しかし、今まで運転をしたことがない人にはまず不可能なので、海外で運転免許証を取得した場合や免許取り消しになってしまって再取得を試みる場合を除くと免許の取得のために教習所を利用します。
その方法として近隣の教習所に通う方法と、合宿免許を利用する方法がありますが、費用を考えると合宿免許の方が優れているのが一般的です。

〇合宿免許のメリット
標準料金で20万円から35万円程度がかかるのが教習所に通う方法であるのに対し、合宿免許の場合には15万円程度から利用できるようになっています。
この料金には合宿の際に必要な宿泊費が含まれているだけでなく、食費すら込みの料金になっていることもあるのが現状です。

・このような価格差が生じているのは教習所側としては効率的に教習を行えるので人件費を削減しやすく、立地としても都心部を避けて地価が安い場所を選べるというメリットがあるからです。
特に人件費の影響は大きく、合宿で収容できる限界数に応じた教官を準備すれば教習は行えます。
予約変更などに対応する必要もないため、現場にいるスタッフ数も最小限に抑えることが可能です。
一人あたりにかかる費用が実質的に少なくなるため、合宿免許では価格を下げるようになっています。
特に近年では教習所間での教習生獲得が競争になっている影響もあり、ぎりぎりまで価格を下げる傾向が強まっているのでさらに安く利用可能です。
教習所としては常に満室になるように教習生を獲得することが収益を増やすために欠かせないことで、一人でも空きができてしまうよりは満員御礼にできるように価格を下げて他社に対抗するようになっています。

 

料金比較をするときの注意点とは

〇ポイント
教習所によって合宿免許の料金プランには違いがあるので、安くしたいと思ったら徹底的に比較して選ぶのが大切です。
①最安値の価格で広告が作られていることが多いため、実際に入校を希望したい日では費用がいくらになるかを確認するのがまず必要になります。
入校する人が多い曜日や夏休みなどの繁忙期には価格が高くなりやすいので、それを避けて入校するとかなり安上がりになるでしょう。

②また、割引サービスの有無にも注目するのが大切です。
早めに予約すると割引になることもあります。

③また、友達と一緒に予約したり、その友達と相部屋にしたりすると割引になるサービスもよく行われているものです。

④他にもAT限定よりもMTの教習を受けた方が安いといった教習の内容による割引方法の違いがある場合もあります。

⑤もう一つ気をつけておきたいのが標準料金に含まれている費用の内訳です。
入校費用や学科及び技能教習の費用が含まれているのは確かですが、それ以外については別途請求というケースもあります。
ホテルの料金や食事の代金について全て込み料金になっていることもありますが、別途請求としていることもないわけではありません。
より多いのが仮免許証の手数料として受験手数料と交付手数料が別に必要になるケースです。
卒業検定についても同様で、落ちてしまうとかなり高額になる場合もあります。
技能教習が不合格になったときにいくらかかるか、検定で落ちたときに保障を受けられるかといった点でも違いは大きく、保証がないほど基本料金が安い反面、万が一のことがあるとかえって高くなってしまうでしょう。

⑥この他にも入校日の変更やキャンセルに際してかかる費用にも違いがあります。
合宿中の保険についても別途で支払いを求められることがあるので注意しましょう。
支払う可能性のある料金については網羅的に考えて比較した上で申し込むのが大切です。

 

浮かせたお金はどのようにして使うか

このような形で節約するとお金が浮いて得をした気分になれます。
それを貯金にしてしまうこともできますが、合宿免許のときに自分のために使うことも可能です。
合宿免許では遠く離れた場所まで行くことができるので、合宿の前後や、合宿中にある休みの日に観光をして楽しむ予算にするのも賢い方法でしょう。
お金に余裕を持たせるとアルバイトをして貯めるのにも時間がかかりません。
お金を浮かせるという発想もありますが、免許の取得する時期を早めるという考え方でも安い合宿免許を選ぶのが重要になります。

〇まとめ
★合宿免許は教習所に通って免許を取得するよりも費用が少なくて済むことが多いのが特徴です。
★割引サービスを利用し、費用の内訳も考慮してどれに申し込むかを決めるとかなり安上がりにできるでしょう。
★浮いたお金を合宿先で使って観光をすることも、安上がりになるメリットを生かして少なめの予算で免許を取得することもできるのが合宿免許の魅力です。

サイト内検索
記事一覧