格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許の持ち物は?

合宿免許の持ち物は?

 

合宿免許に申し込んでいよいよ出発するというときには持ち物が揃っていないと大変です。
合宿の集合場所に行くときには何を揃えておく必要があるのでしょうか。
前日になって気づいても手に入れられないものがある可能性もあるので、予め確認して周到な準備をしておきましょう。

 

どうしても忘れてはならない持ち物

合宿免許に行くときには入校から卒業に至るまでの間に必要になる事務手続きに必要なものは一通り持っていかなければなりません。
忘れてしまうと入校手続きを行えずに引き返すことになってしまう可能性もあるので注意しましょう。
本人確認書類、住民票、印鑑、筆記用具は誰もが必須なものです。

★既に運転免許証を持っている人
持参する必要があります。
運転免許証を持っている人は本人確認書類として使うことができます。

★持っていない人
健康保険被保険者証、パスポート、住民基本台帳カードといったものが本人確認書類として利用可能です。
有効期限内でなければならないので、切れているパスポートを持参しても意味がありません。
・住民票については区市町村の役所で発行してもらうことができますが、平日しか受け付けてもらえないので早めに手に入れておくことが肝心です。
ただし、本籍地が記載されている発行から三ヶ月以内のものが必要になるので取得の際には気をつけましょう。

〇この他の持ち物
・印鑑はシャチハタなどは無効で朱肉を使って押すものが必要です。

・筆記用具は通常は黒のボールペンと鉛筆、消しゴムがあれば問題ありません。
現地での必要書類の記入や試験の際のマーキングに使用します。

・これに加えて視力の矯正を行っている人はメガネやコンタクトレンズを持参することも必須です。
入校のときや試験の際に視力測定を行って適性があるかどうかを判断します。
その際にメガネやコンタクトレンズが必要だった場合には運転免許証にもその記載が行われます。

・この他に合宿免許を申し込んだときに受け取った案内書類などがあれば持参しておくと無難です。
申込書を配られる場合もあるので、それに記入して持参することが必要な場合もあります。

・最後に必要なのがです。
履いている靴がハイヒールなどの運転に適さないものの場合には技能教習を受けることはできません。
スニーカーなどの動くのに適したものを用意しておく必要があります。

・この他にも自動二輪の場合には長袖、長ズボンが必要といった形で服装については取得したい運転免許証によって求められるものが異なります。
個々に確認して持参するのが大切です。

 

基本的には持っていないと困る持ち物

最低限必要なものの他に、最低でも二週間程度は生活できるように持ち物を揃えておかなければなりません。
着替え、洗面用具、タオルは最低限必要ですが、宿泊先がホテルの場合には着替えだけで十分なこともあります。
ドライヤーや浴衣なども同様で、宿泊先にどんなアメニティーが揃っているかを確認して不足しているものを用意しましょう。
スリッパや髭剃り、ティッシュや綿棒なども同様に欲しいと思えば持参しておくのが無難です。
洗濯をするためには洗剤やハンガーが必要になる場合もあります。
備品として使わせてもらえるようになっている場合もあるので、申し込みのときに部屋に何が揃っていて、何を借りられるかは確認しておくのが無難です。
場合によってはシャンプーやリンス、石鹸なども持参しなければならない場合もあります。
これに加えて重要なのがカバン雨具です。
教習所に教本などの必要なものを持参するためのカバン、宿泊先との往復の間で雨が降ったときのための折り畳み傘などは用意しておいた方が安心です。
この他にスマートフォンなどの充電器は持っておいた方が連絡が取りやすいでしょう。
体調を崩してしまったときのことも考慮して、すぐに必要なところに連絡できるように準備しておくのは大切です。

 

あるといざという時に役に立つ持ち物

必ずしも持っていなくても大丈夫であっても、いざという時にあって良かったと思える持ち物もあります。
・インターネットが使えないと心配という人は宿泊先で有線LANや無線LANが使えるかどうかも確認し、ないのであればポケットwifiなどを用意して行くと便利です。
二週間少々だけならレンタルしてもそれほど大きなコストにはならないでしょう。

・時期的に風邪が流行する場合にはマスクを持っていると安心です。
風邪を移されてしまったときのために薬も持っているとさらに安心できるでしょう。

この他にも状況に応じて持っておいた方が良いものもいくつかあります。
・山の中の教習所に行くときには春から秋にかけては虫除けスプレーや日焼け止めが役に立ちます。

・逆に冬の場合には上着や使い捨てカイロを持参しておくと凍えずに済むでしょう。

・相部屋で眠るときにはアイマスクや耳栓、いびき予防グッズなども持っていくのが無難です。

〇まとめ
★合宿免許に参加するときには必要書類は一通り揃えて忘れないように早めに整えておくのが肝心です。
★それに加えて着替えや靴は必要ですが、それ以外については宿泊先のアメニティーや貸し出し物品を確認して不足しているものを持っていけば良いでしょう。
★あったら良いものは無数にあるので、持ち過ぎで苦労しない程度に選別するのも大切です。

サイト内検索