格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許のメリットとデメリットって何?

合宿免許のメリットとデメリットって何?

 

運転免許の取得方法として合宿免許を使う方法と教習所に通う方法があります。
合宿免許を利用しようという人がだんだんと増えてサービスも広く提供されるようになってきました。
合宿免許を選ぶメリットは何なのでしょうか。
デメリットと合わせて理解して利用を検討してみましょう。

 

合宿免許を利用するメリットとは

合宿免許を選ぶメリットは多岐にわたっています。
①まず第一に挙げられるのが短期間での免許取得が可能だということです。
合宿免許の場合には学科教習と技能教習をギリギリまで詰め込んで集中的に取り組む仕組みで運営されています。
修了検定を受ける前の一段階では技能教習は一日に二時間までしか受けられず、修了検定後についても三時間までしか受けられません。
これを効率的にスケジュールして連日最大限に技能教習を受けられるようにしてあるのが合宿免許の特徴で、その合間を縫って学科教習を終えられるようになっています。
結果として普通車であれば最短16日間、AT限定の場合には最短14日間で教習を終えられるようになっているのがメリットです。

②次に挙げられるのが教習にかかる費用が安くて済むことです。
合宿には食事や宿泊先の費用が含まれているものも多いですが、その費用を含めても格安な合宿免許を選ぶと教習所に通うよりも安上がりになることすらあります。
教習を行う学校側としては大勢の教習生を一括して最小限の人数の教官で教えることができるため、人件費を削減して教習を行えるメリットがあるのが合宿免許です。

③また、通常は合宿免許は地価が低い地域で行われるため、固定資産税などの観点からも学校側の負担が少なくなります。
予約管理や電話対応などにかかるコストも削減でき、その分を教習費用に還元してくれているのです。
また、教習生の獲得競争が激化してきた影響による費用の低下も見られるようになってきています。

④別の観点として旅行を楽しめるというメリットがあります。
山の中などの観光にも適した場所で合宿が行われるプランが多く、合宿中も週末は休みになるので遊びに行けるので観光地巡りや散策をすることが可能です。
今まで行きたいと思っていた場所を選んで合宿免許を取りに行くと観光も楽しめて一石二鳥でしょう。
往復の交通手段を自分で準備する場合には合宿の前後に観光することもできます。

⑤一方、人脈を広げやすいというのもメリットです。
二週間程度はずっと同じメンバーと顔を合わせながら教習を受けることになるのでコミュニケーションを取ろうと考えるとそれほど難しいことではありません。
食事も一緒に取る仕組みになっている場合には多くの人と話せる機会が得られるでしょう。

⑥また、相部屋式になっている合宿免許なら同じ部屋になった人とはゆっくりと話す時間があります。
週末は一緒に出かけるといったことも可能なので、良い人に巡り会えると一生付き合える仲が育まれる可能性もあるでしょう。

 

合宿免許を利用するデメリットとは

①合宿免許を利用するデメリットとして、二週間少々のまとまった休みが必要なことが挙げられます。
社会人になってしまうと二週間もの連休を取得するのは難しくなりがちなので、業務上必要で取得を命じられたときを除くとほとんど利用できません。
休職中や失業中というケースで利用していることはあります。
そのため、利用者として学生がほとんどになっているのが合宿免許の特徴です。

②合宿免許は16日や14日で取得できると考えていて失敗したときのリスクが大きいのもデメリットです。
技能教習でミスを繰り返したり、修了検定や卒業検定で失敗してしまったりすると、一日また一日と合宿期間が延びていってしまいます。
その度に宿泊費や食費がかさんでしまうことになるでしょう。
教習費用についても追加料金を求められることがあります。
また、帰る日の予定を立てていたときには免許の取得を諦めなければならなくなる可能性もあるので気をつけなければなりません。

 

プランの選び方による影響も大きい

合宿に二週間少々かかってしまうデメリットについては解決策がありませんが、失敗したときのリスクは合宿免許のプランの選び方によって対策が可能です。
保証が付いているプランを選ぶことで失敗したときにも日程的な負担しか受けないようにすることができます。
合宿免許の中には技能教習のやり直しや検定試験の再受験について費用負担をなくす保証付きのプランがあるので、自分は失敗するかもしれないという不安がある人には最適です。
また、それによって必要になった宿泊費も日数を限定して無料にしてくれるプランもあります。
このようなプランを選んでおくと合宿免許に行くハードルが下がるので、合宿免許を選ぶときには念頭に置いておくと良いでしょう。

〇まとめ
★合宿免許は短期間で運転免許を取得でき、教習費用も安いというメリットがあります。
★合宿中に観光したり、一緒に過ごした人との間で人脈作りをしたりする機会にもなります。
★二週間少々の休みが必要なことや合宿期間が延長するリスクがあるのはデメリットですが、プランの選び方次第で費用的な負担は低減させることが可能です。

サイト内検索