【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許でどうすると延泊になるの?

公開日:2018/11/15  最終更新日:2018/11/07

基本的に合宿免許場ではコースが決められており、規定のコース内で修了検定を受けられれば、規定のコース以上の料金は取られません

しかし、終了検定に合格しない、あるいは検定以前で止まっている場合には延泊することになります。

 

一般的に延長となってしまう理由とは

免許を取得するために必要な学科・技能のスキルがあり、教官に実力を認められれば修了検定を受講してすぐに合格できるといわれています。

スキルが高ければ高いほど、早めにクリアできると考えられているため、実力次第では早く卒業出来るでしょう。

しかし実力が、決められている規定に達していない場合や、学科試験のテストの点数が悪いといった場合、修了検定不合格となり、再び学科・技能のカリキュラムを受ける必要があります。

また、それ以外にも体調不良や用事があって教習に参加できなかった場合には、延泊になる可能性が少なくありません

毎日学科や技能の教習に参加したら予習・復習を怠らずに行うことが重要となっています。

また、体調不良にならないよう自己管理を行うことも大切です。

教習所で知り合った仲間と飲み歩いてしまうと、てきめんに体調不良を起こす人も少なくありません。

合宿免許場ではたいていの場合、規定のコース内で修了検定を受けて帰宅する人がほとんどとなっているため、体調管理に気をつけて活動することが、延長をせずに済ませられるポイントといえるでしょう。

体調不良にならないように気をつけることや、用事を作らないようにすることも重要となっています。

免許取得中にアルバイトをする人も少なくありませんが、バイト先で急なシフトの変更によって、教習日程に影響を及ぼすこともあるといわれています。

そのため、必ずバイト先のシフトを確認し、教習に影響を及ぼすシフト変更は受けられないと告げましょう。

延長になると起こってしまうこと

延泊になると起こってしまうこととして、追加料金が発生してしまうことがあげられています。

通常合宿で免許を取得する場合、免許を取得する費用と教習の規定コース費用が含まれているため、延長をすると追加料金が発生することは当たり前のことです。

追加料金に含まれるのは宿泊費用と教習費用となっているため、両方の費用を支払わなければなりません。

特に実技の再教習が待っている場合には、教習がチケット制度の場合、チケット代がかかります。

そのため、通常の旅行よりもはるかに費用がかかるため、延長する場合にはある程度の予算がかかることを見越しておいたほうがいいでしょう。

また、教習のカリキュラムの日程も、自分で組んで予約をしなければならない場合も少なくありません。

教習所によって違いますが、規定コースの場合には既にカリキュラムの中に予約をしてある場合も多いといわれています。

自分で好きな日程を組んで参加できるので、マイペースに合宿に参加したい場合にはメリットが高い方法と言えますが、延長を長期間行うと経済的な負担が著しくなるためオススメしません。

出来るだけ規定コースの中で参加し、卒業することが一番経済的な負担が少ないといわれています。

特に食事代が含まれている場合の合宿であった場合、経済的な負担は食事にまで関係してきますので、ことは重大です。

なお、自分で手持ちがない場合、自己負担額を支払わなければ修了検定に合格したとしても、卒業証明書を発行してもらえず、本試験に参加できない可能性もあるため、必ず支払いが出来るようにしましょう。

適切に合格をすることが一番の秘訣

短期間で卒業できるようにすることで、延長する可能性は全くなくなるといわれているため、参考にしてください。

なお、2つの種類の免許を合宿場で取ろうとしている場合、1つの種類の修了検定に合格したとしても、もう1つの修了試験に合格しなければ卒業できません。

ただしこの場合、延長といった形ではなく2つの免許を取得する人のためのコースとしてカリキュラムが組まれているため、心配は要りません。

適切に学習ができるようにカリキュラムが組まれていることが多く、納得出来る学習を行うために事前の情報を確認してから実行することが重要です。

事前の情報とはカリキュラムの内容や実技で学んだことを別の免許の学科試験で応用することで、学習能力を高めることができるといわれています。

合宿で免許を取得する意味は、短期間で効率よく学習ができるようになることといわれていますが、延長をすることで効率がよくなるわけではありません

そのため、延長をしないように日々努力して受験することが大切です。

合宿で学習できるカリキュラムを適切に受講することで、免許を取得するための素地が備わる可能性が高いといいます。

緊張や心理的不安から不合格になってしまう人も少なくありませんが、予習・復習を毎日じっくり行うことによって、合格率が高まるといえるでしょう。

 

合宿免許で学科・実技試験に不合格だった場合や、体調不良や用事があってカリキュラムを受講できない場合に延長の可能性が高まります。

延長することによって経済的な負担だけでなく、日程の負担にもつながるため、延長にならないようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧