【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許で大型免許を取得

一部の教習所ではプロ免許(中型・大型自動車・2種免許コース)が設けられていて、合宿免許プランを利用して、短期間かつ少ない費用で免許を取得することができます。

プロ免許を取得すると就職をするのに有利になるので、社会人がキャリアアップをするために合宿プランに参加するケースもあります。

 

教習所で大型自動車コースの期間や入校する方法とは?

合宿・通学に関係なく、教習所で大型自動車のコースに入校するためには一定の条件を満たしていることが求められます。教習所に入校することを予定している方は、まず自分が必要な条件を全てクリアしているか確認をするようにしましょう。

大型自動車の運転免許を取得するためには、普通自動車・準中型自動車・中型自動車いずれかの運転免許を取得してから通算3年以上が経過している必要があります。教習所の中には、仮免検定時までにこの条件を満たしていれば入校ができる場合があります。

これに加えて、両眼の視力が0.8以上かつ片眼で0.5以上であることも求められます。普通自動車は両眼視力が0.7以上なので、人によっては眼鏡やコンタクトレンズを買い替える必要があるかもしれません。

普通自動車以外のコースに入校する場合には、既に所持している運転免許証の種類ごとに必要な時限数に違いがあるので注意が必要です。中型自動車の運転免許を取得している方であれば、普通自動車免許を所持している人よりも短い教習期間で卒業することができます。教習期間は所持している免許の種類ごとに違いがあり、普通自動車免許の取得者であれば12~13日ですが、中型免許(限定なし)を所持している人は最短で7日です。

AT限定の普通自動車免許を所持している方も入校をすることは可能ですが、最初にAT限定の解除をするために4時間だけ余分に技能教習を受ける必要があるので注意しましょう。入校後にスムーズに教習を進めるために、地元の教習所でAT限定を解除しておくことができます。

 

合宿免許の大型自動車コースを設置している教習所の探し方とは?

合宿免許の大半は普通自動車や二輪車コースで、プロ免許コースを設置している教習所は限られています。それでも中には合宿免許プランで大型自動車コースを設置している教習所が存在するので、少ない費用で短期間で免許を取得したい人におすすめです。

合宿免許で大型車コースを設けている教習所を探す場合は、インターネットを活用すると便利です。サーチエンジンに“合宿免許+プロ免許コース”などのキーワードを入力して検索をすれば、簡単に見つけることができます。

合宿免許プランでプロ免許コースを設けている教習所は数が限られているので、混雑する時期に入校を希望する場合は早めに予約を済ませておくようにしましょう。場合によっては遠方の教習所を利用しなければならない場合があるので、日程や費用を考慮する必要があります。

教習費用を節約したい方や個室を希望する場合は、閑散期に入校をすることをおすすめします。利用者が少ない時期に入校すれば、レギュラー(相部屋)プランの安い料金で個室の利用ができる場合があるからです。

普通自動車コースであれば大学生協などで申し込みができますが、プロ免許コースの場合は学生であっても旅行会社やネット上の予約サイトを利用する必要があります。全く同じ教習所・プランでも、ネット上の予約サイトを経由して申し込みをした方が安くてお得です。

 

申し込みをする際の注意点と費用を節約する方法とは?

合宿免許を利用すれば通学教習よりも少ない費用で運転免許の取得ができますが、大型自動車や2種免許などのようなプロ免許コースは保証範囲が狭いというデメリットがあります。

入校ができる条件が50歳以下などのように年齢制限が緩いのですが、プロ免許コースでは補修や追加の宿泊費が2~3日程度しか含まれていません。検定に不合格になると余分の費用が必要になってしまうので、1発で合格することが大切です。中型8t限定免許を所持している方であれば4tトラックの運転ができるので、入校前にレンタカーを利用して練習をしておく方法があります。

合宿免許で大型車コースを利用する料金ですが、普通自動車免許(AT限定)を所持している方であれば税込みで30万円以上かかります。中型免許を取得している方は15~20万円と安くなりますが、それでもそれなりの費用が必要です。教習費用を節約するために、国の給付金制度を活用する方法があります。

合宿免許プランでプロ免許コースを設けている一部の教習所は、教育訓練給付制度の指定講座に登録されています。就職活動中で失業保険の給付を受けている方であれば、入校前に教育訓練給付制度に申し込みをすることで最高10万円まで給付金を受け取ることができます。教育訓練給付制度の指定講座に指定されている教習所を選択することで、合宿免許の費用を安く抑えることが可能です。

 

合宿免許では普通自動車コースだけでなく、一部の教習所では中型・大型自動車や2種免許などのプロ免許コースが設置されています。短期間活少ない費用でプロ免許を取得したい人は、合宿免許を活用すると良いでしょう。プロ免許コースを利用する場合には年齢条件や保証範囲が普通自動車コースとは異なるので、事前に確認をしておく必要があります。

サイト内検索
記事一覧