格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許の交通費は自腹?


通学制の教習所よりも安い料金で、自動車免許を取得できるのが合宿免許の大きなメリットです。そのメリットを最大限に享受したいなら、教習所を選ぶときには、往復に使う交通機関の費用についても調べておきましょう。

自腹だとしてもそれほど高くはありませんが、無料にする方法もあるので、きちんと知っておかなければ損をしてしまいます。

住んでいる都道府県以外の教習所を利用する必要がある

半月程度で自動車免許を取得できてしまう合宿免許という制度は、通学制の教習所よりもずっと料金が安く設定されています。合宿に対応する教習所によっては、10万円台で利用できるプランも用意されているため、安さを求めるなら、通学制だけではなく泊まり込みでの取得も考えましょう

混雑しない時期を指定したり、二人で一緒に申し込んだりすれば、さらに割引が適応されるサービスもあるので、料金のせいで免許の取得が難しいと感じていた方にオススメです。ただし、合宿の教習所は、遠方から通う方をターゲットとして用意されている制度です。そのため、近所に住んでいる方が申し込んだとしても、入校を許可がされない可能性が高いです。これはルールとして決まっているので、たくさんの教習所が適応していると考えたほうがよいです。したがって、合宿の教習所を探すときには、現在住んでいる都道府県以外で見つけなければいけません。厳密にいうと、住んでいるのではなく住民票に記載されている住所なので、どこになっているのか分からないなら、現住所を調べておいたほうがよいでしょう。

住民票の写しは、役所で簡単に交付してもらえるため、現住所の確認はとても簡単です。なお、住んでいる都道府県以外の教習所に通うには、そこそこの距離を移動することになります。そうなると、交通機関を利用する料金が発生するので、そちらの費用もきちんと考えなければいけません。

基本的には自腹で払う必要がある

合宿は通学制よりも料金が安いですが、遠方までの交通費が発生するとなると、『実は高くなるのでは』と考える方もいるでしょう。しかし、合宿の教習所の料金は、例え往復の料金をプラスとしたとしても、十分過ぎるほど魅力のある価格帯です。隣の都道府県なら往復で5000円もかかりませんので、それほど大きな負担とはならないはずです。

なお、合宿の教習所までの移動に使ったお金は、基本的には自腹で支払わなければいけません。そのため、費用を抑えたいと考えるならば、できる限り移動距離を少なくした方がよいです。現在では、インターネットで調べれば、もっとも安価な交通手段が簡単に見つかるので、費用を安く抑えるのは難しくはありません。飛行機や新幹線を利用するのではなく、電車の乗り継ぎや深夜バスを活用すれば、かなりの費用を節約して現地までの移動ができます。もしも、さらに移動費を節約したいと考えるなら、往復の費用を支給してくれる教習所の利用がオススメです。条件次第では、ゼロ円とすることも可能なので、さらにお得に合宿で免許を取得できます。

往復の交通費を無料にするための方法

合宿の教習所は都道府県以外からお客を集めるために、いろいろなサービスを行っています。そのサービスの中で、もっとも魅力的だといえるのが、往復の交通費を支給してくれるものです。現地まで移動するために支払った金額が戻ってくるため、自腹を切る必要がなくなります。ただし、『最高で15000円まで』というように、教習所によって利用できる金額の上限が決まっています。こちらを把握せずに、サービスを利用すると、上回った金額は自身で支払うことになるので注意しなければいけません。ほとんどの場合はホームページに記載がありますが、分からないのなら、お金のことなので教習所に問い合わせてハッキリとさせたほうがよいです。

なお、このサービスを利用すれば、距離と費用の問題から候補にならなかった地域の教習所を、お得に利用できることを知っておきましょう。少し調べると15000円もあれば、かなりの遠くのエリアまで移動できることが分かるはずです。そのため、今まで訪れてみたかった観光地があるのなら、その地域にある教習所で、支給サービスがないか調べてみることをオススメします。もしも、存在していたのなら、合宿で免許を取得するついでに、観光も楽しんでしまいましょう。教習所に滞在するすべての時間が、実技や学科に割り当てられるわけではないため、近所で観光する時間は十分にあります。遠方ならば、移動するための時間が増えますが、それも観光だと考えれば楽しめるでしょう。もしも、観光を楽しみたいと考えるなら、事前に教習所の周りにあるスポットを調べておくと、効率的にいろいろなところを回れます。

通学制の教習所を安く利用する方法はあまりありませんが、合宿の場合はいろいろなテクニックを駆使することで、さらに安く利用できます。交通費を安くするのもテクニックの一つなので、ルート検索や支給サービスを活用して、できる限り節約してしまいましょう。

サイト内検索
記事一覧