格安なおすすめ合宿免許を徹底比較!口コミでも人気の自動車教習所をランキングで紹介!女性への特典も!

合宿免許に入校するには検査が必要?

合宿免許に入校するには検査が必要?

 

合宿免許に申し込みたいけれど自分は資格があるのかどうかわからないという人もいるでしょう。
年齢による制限があることや前歴によっては欠格期間があることはよく知られていますが、入校のときには検査も実施されます。
その内容について理解して自分が無事に検査を通過できるかどうかを確認しておくのが大切です。

 

入校時に行われる検査の目的と内容

合宿免許に申し込んで入校するときには検査が行われるのが一般的です。
申し込みの時点では代理店が手続きを行っていることも多いので、実際に合宿の初日になって現地に行ってから検査が行われることもあります。

〇検査内容について
教習所によって少し違いはありますが、
基本的には安全に運転できるための健康状態があるかどうか
教習を受けて理解できる能力を持っているかどうか を判断するのが目的です。

・必ず行われるのが視力検査で、普通車の場合には片目が0.3以上、両目で0.7以上の視力があるか、片目で0.3未満の視力のときには他方の視力が0.7以上かつ視野が左右150度以上あることが求められます。
現地で行う視力検査は片目で0.3以上、両目で0.7以上というだけのことが多く、視野の問題が生じているときには眼科に行って視野証明書を作成してから入校ということになるのが通例です。
自覚がある場合には予め眼科に行って証明書を手に入れた上で入校に臨めば問題はありません。

・また、これと合わせて色覚に関する検査も行われる場合があります。
信号の判別ができないと安全運転ができないからです。
赤、青、黄の三色を区別できるかどうかの簡単な検査が行われます。

・入念に検査を行う合宿免許の場合には聴力検査も実施され、10メートルの距離で90デシベルの音を判別できるかどうかを判定します。
通常は日常会話が聞こえているかどうかで確認していますが、厳密性を重視する場合にはこのような検査が行われるのが一般的です。

 

入校してから不適格とされるケース

・事前検査として行われるのは視力、色覚、聴力に関するものがほとんどですが、入校してから不適格となってしまうケースもあるので注意が必要です。
学科教習の成果が上がらなかったり、技能教習で教えていることが伝わっていなかったりすると教習が中止になることがあります。
典型的なのは外国人が合宿免許に申し込んだときで、日本語で行われている教習を理解できなかったという点で不適格とされてしまっている場合があります。

・また、単純に学識があまり高くなくて学科教本を読むことすらできないというトラブルもあるのは確かです。
このようなトラブルを避けるために学力試験を行って入校する人を絞り込んでいる合宿免許もないわけではありません。
あまり一般的ではないですが、学力検査があるとされていても難しい問題を解くことを求められるわけではないので心配する必要はないでしょう。

・一方、合宿免許を申し込むときには身体的な能力について問題がないかを自己申告するのが一般的です。
その点で疑惑があるときに事前に医師の診断書を取得していないと検査を受けるように言われてしまうことがあります。
免許を取得するには不適格と判断されてしまうこともあるので注意が必要です。

・典型的なのは精神的に不安定で睡眠薬や精神安定剤を使用している人で、常時服用している状況では運転中に眠りに落ちるリスクがあるので不適格と考えられてしまいます。
また、てんかんや心臓疾患などのように発作的に自分の身体のコントロールが効かなくなってしまう持病を持っている人も問題になります。

各種障害についても同様で、合宿免許に申し込む時点で検査を求められることもありますが、教習を始めてから発覚するとその場で教習が中断になるのが一般的です。
医師の診断の他に運転適性相談窓口で適性検査を行ってもらうことで解決する方法もあります。

 

やや特殊なケースも知っておくと安心

この他にも特殊なケースで検査が必要な場合もあります。

〇公安委員会での適性検査が求められるケース
・身長が140cm未満のとき
・運動機能障害や手足指の欠損があるとき
・身体障害者手帳の交付を受けているとき などが挙げられます。
・また、過去五年間の間に病気で意識がなくなったり
・体の一部が思い通りに動かせなくなったり
・十分に睡眠を取っているのに昼間に眠りに落ちてしまったりした経験がある ときも該当するので注意が必要です。
・この他にも飲酒を繰り返して三日以上アルコールが入っている状態を三日以上続けた経験が一年以内にある人など、飲酒に関わる規定もあります。
懸念材料がある人は各項目に目を通して適性検査を必要とするかどうかを確認しておきましょう。

〇まとめ
★合宿免許に入校するときには視力や聴力などの検査が行われ、安全に運転できることや教習を理解できることが確認されます。
★運転免許を持つ人として適格かどうかを判断する目的で運転適性相談窓口や公安委員会での適性検査が求められる場合もあるので、気にかかる点がある人は該当者になるかどうかを確認しておきましょう。

サイト内検索