【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許は混雑しているときを避けて行こう!

運転免許を持っていれば何処にでも自由に移動できるので活動の幅が大きく広がるばかりでなく、就職などの際にも一つのアピールポイントになります。

実際に運転免許を取得するとなると自動車学校に通って学科と実技を習得する必要があります。

ただ修了までにある程度の時間が必要なのも事実です。

そんな中、短期間で免許取得できると学生さんなどからも人気が高いのが合宿免許を利用する方法です。

 

合宿免許はいろいろ込みなのに値段が安いのは何故?

通学で自動車免許を取得するためには、入学金や教習費用など教習に関する費用のみで済みます。

これに対して合宿免許ではこれらに加えて宿泊費や食事代・交通費なども別途必要になるわけですが、費用面で比較するとむしろ安くなっています。

どこにその理由があるのでしょうか。

まず自動車教習所サイドの最良で教習カリキュラムを編成することができる点があげられます。

通学の場合には教習時間を予約する必要がありますが、これは生徒側の事情に合わせる必要があるので、対応できるように常に講師を確保している必要があります。

その結果人件費がかさんでしまうので、割高な費用になりがちです。

これに引き換え合宿免許では決められた期間内にカリキュラムを完遂することが出切る様に、予め教習時間などは指定されています。

そのおかげでリーズナブルな価格でも講習を提供することができる訳です。

この指定カリキュラム制は限られた時間内を前提に組まれているので時間的にも大幅に短縮することにつながります。

通学なら1月以上は必要ですが、合宿免許では最短2週間で卒業することがかないます。

また地方の山間などに教習所を構えていることが多いので、地代などの固定費が安いことも講習費用を安くすることを可能にしているといえます。

食費についても大勢の生徒を確保できれば大量仕入れが可能になり、より安く食材を調達することができるので食費などを込みにしても教習費用を安く抑えることができる訳です。

 

合宿免許の費用に含まれるものと含まれないもの

合宿免許の費用にはカリキュラム修了までに基本的に必要になる費目などはすべて含まれているのが原則ですが、なかには含まれていないものもあります。

基本的に含まれているのは、入学金に学科や技能講習料、技能検定料などです。

合宿免許独自に必要になる教習所が用意する宿泊施設での宿泊料や食事代なども含まれているのが基本です。

ただ格安コースなどを売りとしている教習所では、食事は自炊が原則になっていて地元のスーパーなどで食材の買出しなどが必要な場合もあります。

また地方の場合には教習所と宿泊施設まで距離があることも珍しくないので、バス代や電車代などの交通費が含まれているかどうかチェックしましょう。

なかには一部だけを対象にしていることもあるので、食事や交通費などは何処まで追加になる可能性があるか事前にしっかりと確認しておくべきです。

他方で合宿免許に含まれていないものでは、代表的な費目に「仮免許受験手数料」「仮免許証交付手数料」など仮免許に関するものがあります。

これらは現地で現金にて支払うことになるのである程度の現金も忘れないようにするべきです。

また合宿中の日常生活に不可欠な洗濯のためのコインランドリー使用料や日用品の購入費などは別途自己負担になる場合が多いです。

また基本料金は卒業するまでの最低限度必要な対象だけを含んでいるので、修了検定に落ちるなど、期間内にカリキュラムを修了することができない場合には延長料金も発生するので注意が必要です。

 

さらにお得に合宿免許を利用するには?

自動車免許を短時間で効率的に取得するうえでは合宿免許はメリットが多いことがわかるでしょう。

さらにお得に利用するにはちょっとしたコツもあります。

まず運転免許は学生が利用することが多く、長期休暇の時間を利用して合宿に臨む、といったスタイルが定着しています。

学業にサークル活動にアルバイトにと何かと忙しい学生さんにとって夏休みなどは絶好のタイミングと言えます。

その影響で夏場などは混雑する傾向があります。

利用者が多ければ利用料金が高くなるのは、何も飛行機などの交通事業に限ったことではなく自動車学校も同じです。

夏休みや春休みなどの生徒で混雑する影響で、自動車学校の合宿免許も価格が高くなる傾向が顕著です。

そこでよりリーズナブルに合宿で免許をとりたいなら、4月から7月上旬・9月下旬から12月上旬などの閑散期にスケジュールをあわせるのがお勧めの方法です。

ただし合宿免許で注意が必要なのは延長しないようにカリキュラムを順当に終えることにあります。

各段階で受験することになる試験に落ちれば、その分余計な時間が必要になってしまい延長料金も発生することになります。

運動部の合宿や企業研修と異なり、誰かが監督役の立場になっているわけではありません。

寝過ごしてしまい、前日に飲酒してしまって講習を断られることがあっても全てが自己責任です。

卒業旅行気分で仲間と連れ立って参加する方もいらっしゃいますが、あくまで運転免許を取得するための学習の場と時間であることを忘れないことが重要です。

 

サイト内検索
記事一覧