【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免中に飲酒は可能か?

自動車の免許を取得する方法として、自動車学校に通学する方法と、合宿による免許取得の二つの方法があります。

合宿免許は通学よりも短期間で免許の取得ができるのはもちろんのこと、通学よりもリーズナブルに取得できるなど様々なメリットがあることから、合宿を選ぶ人が増えています。

ただ免許の取得をするだけではなく、観光やレジャーを楽しむことができるプランも増えており、選択肢が多いのも近年の合宿免許の特徴で、人気を高めている理由の一つです。

合宿となれば、夏休みや春休みといった長期の休みがある学生が利用するものというイメージもありますが、特に年齢に制限があるわけではないので、免許の取得が可能な年齢の人ならば参加することができます。

未成年となれば無関係ですが、大人が参加する場合に気になることの一つが、合宿期間中にはお酒を飲んでも良いのかという点ではないでしょうか。

もちろん授業を受けている時にアルコールを飲んではいけませんが、夜の自由時間にはお酒を飲んでも良いのかというのは、お酒が好きな人にとってはかなり気になるポイントの一つだと考えることは珍しいことではありません。

飲酒に関しては合宿先による違いが大きい

未成年がお酒を飲んではいけないのは法律で定められており、合宿先でも当然飲んではいけないのは言うまでもありません。

しかし成人している人となれば、飲んでも問題はないのではないかと考えてしまいがちです。

合宿期間中にお酒を飲んでも良いかどうかは、合宿先による違いがあるので気をつけなくてはなりません。

お酒はできる限り控えるようにとされている合宿先もあれば、原則として明確に、年齢に関係なく飲酒は厳禁としている教習所もあります。

次の日の教習に支障をきたす恐れがあるという理由はもちろんのこと、合宿には未成年の参加者も多いので、同じ宿舎内の未成年の人への影響を考えたり、アルコールを摂取したことによる何かしらのトラブルを避けるなど、様々な理由があります。

もちろん教習所や宿泊プランによっては、成人ならば自分自身の判断によりお酒は飲んでも良いことになっていて、翌日の教習に影響がない量を楽しむならば問題はないとしているところもあります。

申し込む前にチェックしておくことが必須ではないでしょうか。

可能な場合でも気をつけるべき点とは

お酒に関して特に禁止されていないところでも、だからと言って好き勝手に飲んで良いというわけではありません。

アルコール臭くなってしまったり、泣いたり怒鳴る、暴れるなどといったことで他の参加者に迷惑をかけないようにするのはもちろんのこと、翌日の教習に影響してしまうような飲み方をしてはいけません。

二日酔いで座学の教習に参加することができなかったり、実技教習が受けられないとなってしまえば、自業自得であり合宿期間も伸びてしまうので、追加料金が発生することになります。

アルコールが体から完全に抜けるまでに必要となる時間は、人により大きな違いがあるので、アルコールを飲んでも良いという場合でも、休みの前の日に飲むなど教習には絶対に影響を及ぼさないタイミングにしておきましょう。

もちろん、未成年に飲酒を勧めるようなことは絶対にしてはなりません。

嫌がる人に無理に勧めるようなこともしてはいけません。

退学処分になってしまう恐れもあり

アルコールを原則禁止としている合宿先にも関わらず、お酒を飲んでしまった場合には退学処分となってしまうこともあるということは頭に置いておく必要があります。

アルコールが禁止とされているのに飲んでいたことがバレてしまった場合や、禁止にはなっていなくてもお酒を飲んだことが原因となり周りに迷惑をかけてしまうなどが理由となり、退学処分となってしまった場合には合宿費用は戻ってこないので十分気をつけなくてはなりません。

退学処分になってしまった場合に、再び同じ合宿先に入校しようと申し込みをしても、断られてしまう可能性もあります。

お金が無駄になってしまうだけではなく、手間もかかるので退学処分にはならないように十分気をつけるようにしておく必要があることは確かです。

飲酒運転に対してかなり厳しくなっている今の時代では、合宿期間中には原則として成人していてもアルコールを禁止しているところは多いということは頭に置いておくべきです。

 

成人していればアルコールを飲んでも問題はないと考えて参加してしまう人も多いですが、自動車の免許を取得するために合宿に参加しているということは、実技教習があるということであり、お酒を飲んで体から抜けていない状態で運転をすることはできません。

もちろん合宿先によって自分の判断で翌日の教習には影響を及ぼさない程度ならば飲んでも良いとされているところもありますが、原則禁止となっているところもあるので、お酒を飲みたいと考えている場合は合宿先を選ぶ時には、アルコールを飲んでも良いとされているのかよく確認しておき、退会にならないように気をつけましょう。

サイト内検索
記事一覧