【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をおすすめ形式で紹介

教習所で行う「運転適正検査」って何?落ちることはあるの?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/22

教習場などの合宿免許に参加して運転免許を取得する場合、実際に運転のための知識や技術を学習する前におこなわれているのが運転適性検査(運転適正検査)です。自動車の運転をこれからする人が、安全に運転をするために適した性質があるのかどうかをチェックする検査です。

合宿免許ではじめに実施される検査

運転適性検査は一般的に、合宿免許に参加した人ならば誰でもはじめに受ける検査ですが、はじめてこうした検査を受ける人にとっては、気になることもあると思います。運転適性検査に落ちたら、合宿で運転の技術を学ぶことができないのではないかという不安です。

ですが、結論から言えば運転適性検査に落ちるということはありません。運転適性検査はあくまで安全運転をするための適性を診断する検査であることから、検査でどのような結果が出ても、それはこれからおこなわれる運転技術の指導や講義で生かされるために利用されるので、検査の結果によって、免許が取得できなくなるということはまずありません。

そのために、誰でも安心して検査を受けることができます。検査を受ける前には特別な勉強などは必要ではないですが、気をつけておかなければいけないのは、検査の内容には正直に回答することです。

質問の内容などに感じたことをそのまま答えるのでなければ、正しい診断をすることができなくなるために、正直に感じたことを回答していく必要があります。

検査で質問されるのは運転をする場合に必要となる各種の性質を受講者が持ち合わせているかどうかということですが、一つ一つの質問に答えていくことで、受講者の性質がわかるようになっています。簡単な質問なので誰でも気軽に答えていくことができ、短時間で終えることができるようになっています。

検査方法の一種である警察庁方式運転適性検査K

ドライバーの運転適性を調べるための検査として、合宿免許などでおこなわれているものには大きく分けて二つの種類があります。一つは警察庁方式運転適性検査K型で、もう一つがOD式安全テストです。

どちらの検査をおこなうかは任意になっているので、合宿をおこなう教習場によってそれぞれ異なっています。この二つの検査はどちらもドライバーの運転適性を診断できることでは共通していますが、質問の内容など細部は若干異なっています。

警察庁方式運転適性検査K型は複数の検査項目に分かれているのが特徴ですが、そのうちの大半は運転中の行動に関連したものです。運転をしている際にはさまざまな予期せぬ事態が生じる場合もありますが、検査ではそうした事態に遭遇した場合でも、ドライバーが冷静に対処できる性質があるかどうかが検査されます。

安全運転をする際に必要となるドライバーの能力としては判断力が特に重要とされます。一瞬の判断によって事故を未然に防ぐことができることも多いので、判断力の診断も検査ではしっかりとおこなわれています。

その他に検査ではドライバーが迅速な対応力を持っているかどうかも検査されます。自動車を運転する場合には、てきぱきとした行動が求められることも多いので、そうした素早い行動力も検査では診断されます。

合わせて安全運転をするうえで参考になる、性格に関する診断もおこなわれ、運転をする場合、自分がどのようなタイプに当てはまるのかを知ることができます。検査は検査官の質問に口答で答えていくことで進められるので、迷わずに答えていくことが必要です。

もう一つの検査方式であるOD式安全テスト

運転適性検査としておこなわれているもう一つの検査がOD式安全テストです。このテストは警察庁の基準でおこなわれている検査K型とは異なり、民間の業者でおこなわれている検査であることが特徴です。

検査K型と同様にドライバーの運転に関する適性を検査することができます。OD式安全テストも検査K型と同様に、検査官の質問に口答で答えていくという形式で進められるので、短時間で全ての検査を終了することができます。OD式安全テストでは検査K型よりも細かい分類にしたがって各種の検査がされます。

検査ではドライバーの運転技術に関する事項のほかに、より個人的なことも検査されます。健康に関連した検査もおこなうことで、ドライバーが安全に運転できる能力があるのかを診断できるようになっています。また人間的な成熟性を判断するための診断も用意されていて、より細かいポイントから検査ができるようになっています。

その他に運転をする場合に関連する各種の性格に関する検査などもおこなわれます。また事故を防止するために欠かせない運転マナーに関する検査もOD式安全テストには含まれています。これらの項目に関する質問を口答で答えていくことで、受講者の運転に関する適性が総合的にわかるようになっています。

検査K型もOD式も検査の結果は数日後にわかりますが、それによって合宿に参加できなくなるということはまずありませんが、運転をおこなううえで何らかの支障がある適性が見つかった場合には、それらのことも考慮しながら、適切に指導がおこなわれることになります。

 

運転適性検査は合宿免許に参加する場合、まず受けなければいけない検査ですが、この検査の結果によって、合宿に参加できなくなるわけではないので、気軽に検査を受けることができます。ですが、正直に答えないと検査の結果に正しく反映されなくなるので、思ったことをそのまま回答する必要があります。

検査K型とOD式という二つの種類の検査方法がありますが、どちらを受けるかは教習場によって異なっており、どちらの検査でも適性を正確に判断することができます。

合宿免許でおすすめの教習所一覧

イメージ
会社名ドライビング・スクールかいなんトヨタドライビングスクール群馬新潟中央自動車学校静岡県セイブ自動車学校カースクール多度津(多度津自動車学校)
ポイント年間入校者数4,000人以上!失敗しない合宿免許ならここ選べる宿泊プランでカップルでの合宿免許にも最適!珍しい車両も用意された充実のバックアップ体制が魅力シンメトリーで個性的な建物と充実したサービスが嬉しい美しい景観の路上教習と充実した指導体制が魅力です!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
記事一覧