【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許期間中にケガをしたら?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/26

合宿免許で教習を受けている期間中に、もしものことがあったら病院に通ったり入院する必要が出てくる可能性があります。

万が一のときに焦ったり後悔したりしないためにも、利用を検討している教習所の補償制度やサポートにどのようなものがあるか調べておくことが大切です。

合宿免許中にケガをしたときに受けられる対応

合宿免許中に、まさか病院に通うことにはならないだろうと思う人は多いかもしれません。たしかに、合宿免許は数週間で終了することが多いので、何事もなく過ごせることがほとんどだと言えます。

しかしながら、思いもよらない事故に巻き込まれたり、病気になってしまうという可能性もあるのです。合宿免許では、国内旅行傷害保険を用意してあることも多く、これが適用されれば様々な補償を受けることができます。たとえば教習中にケガをしてしまった以外にも、急に病気になって入院することになった場合や、教習以外の時間に不注意で負傷してしまった場合にも補償が適用されるのです。

このような金銭的な補償もありますが、合宿中に万が一のことがあった場合は教習所の人が適切な対応を行ってくれます。教習所や宿泊先で応急手当やしかるべき場所への連絡を行ってくれるなど、万全の体制が整えられているのです。

具体的に受けられる補償内容や対応は、教習所によって違いがあります。そのため、自分が利用を検討している教習所のホームページやパンフレットなどから、詳細を調べておく必要があると言えるでしょう。格安プランを利用した場合などは、満足な補償や対応が受けられない可能性もあります。

もしも、しっかりとした対応が受けられなければ、プランを選び間違えたと後悔するはずです。そういった点も踏まえて、どのプランを選択するか決めるようにしてください。

合宿免許中にケガをしたら教習はどうなるのか

合宿免許中にケガをした場合、その内容によっては教習を続けることが難しくなるかもしれません。たとえば脚や手の骨を折ってしまえば、運転することは不可能です。指先だけなど軽い負傷に思えても、無理をして実技の教習を行うことはおすすめできません。無理をすることによって危ない目に遭ったり、周りの人に迷惑をかける可能性があります。さらに負傷した箇所を悪化させてしまう可能性があるので、大事をとる必要があるのです。

合宿免許は試験に通らなかった人への対処としても、延長制度を用意しています。そのため、何日以内に卒業できなかったから合宿免許は終了なんてことはないのです。ただし、かなり長い期間入院や療養が必要となってしまった場合は、対応が異なる可能性もあります。

長期的に教習を中断せざるを得ない場合の対処は、ホームページなどに掲載されていないことがほとんどですから、実際に起こってしまったときに教習所側の指示に従っていくことになるでしょう。教習を一時的に中断したり、延長したりするシステムを設けているところがほとんどですが、期間やケガの大きさによっては詳細な対応が異なります

実際に中断せざるを得ない状況になってしまったときには、教習所の人の説明をしっかりと聞き、どのような方法で対処してもらうことができるのかということを確認するようにしましょう。

万が一に備えて用意しておくべきもの

合宿免許中にケガをしてしまった場合、教習所の人が病院を紹介してくれたり、症状の大きさによっては救急車やタクシーなどを呼んでくれます。そのため、対応がしっかりしている教習所を利用するのであれば、自分は何も用意しなくて良いと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

まず、保険証は必ず持っておくようにしましょう。遠くの合宿地を選択して保険証を持ち歩くことに不安があるという場合は、コピーでも良いので用意しておくことが大切です。医療機関にかかるときには必須となるので、保険証かコピーは必ず携帯しておきましょう。

そして、病院へ行くためのお金を持っておくことも大切です。いくら補償制度があったとしても、自分でお金を支払わなければならない場面もあります。たとえば、教習中ではなく、自由時間に遊んでいる際に負傷してしまえば、自分の力で病院に行かなければなりません。すぐに教習所へ連絡すれば対応してもらえるかもしれませんが、いち早く病院に行きたいが救急車を呼ぶまでではないというときは、タクシーなどを利用することになります。そのときにお金がなければ困ることになるでしょう。

遊ぶお金とは別に、いざというときのお金も用意しておくことをおすすめします。このように、万が一の時に備えて保険証やお金などは、しっかりと持っておくようにしてください。

 

合宿は数週間であることが多いので、まさかその間にケガをしないだろうと思っている人は多いです。しかしながら、まさか起こると思っていなかったことが起こっても不思議ではないので、万が一のときにはどのような対応をしてもらえるのかあらかじめ調べておく必要があります。

サイト内検索
記事一覧