【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

障害があっても合宿免許参加は可能?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/26

合宿免許は、短期間で運転免許を取得することができる、たくさんのメリットがあるシステムです。

ただ、障害を持つ人でも参加をすることができるのか、またどの程度の受け入れ先があるのかは気になるところです。

どのようにして申し込めば良いのか、参加するときの注意点にはどのようなものがあるのか、詳しく見ていきます。

自動車運転免許が取得可能な障害の程度とは

普通自動車免許を取得することができる障害の程度と免許の種類は、道路交通法91条に定められています。視力は、矯正視力を含み両眼で0.7以上、かつそれぞれが0.3以上という条件があります。一眼の視力が0.3に満たない者、また一眼が見えないものについては、他眼の視野が左右150度以上で、かつ視力が0.7以上であることが条件です。

色彩識別能力としては、赤色・青色および黄色の識別ができることが求められています。信号機に使われるカラーが赤・青・黄色のためです。 聴力は補聴器を使用することも可能で、10メートルの距離で90ホンの警音器の音が聞こえることが条件です。ただし、第二種免許については補聴器の使用は認められません。

運動能力に関しては、自動車等の運転に支障を及ぼす恐れのある四肢または体幹の障害がないことが要件としてあります。ただ、自動車等の運転に支障を及ぼす恐れのある四肢または体幹の障害があっても、そのものの身体の状況に応じた補助手段を講ずることにより、運転に支障を及ぼす恐れがないと認められればその限りではありません。

運転免許を取得できない程度の障害でなければ、合宿免許に参加することは可能です。ただし、どこでも良いというわけではありません。程度に応じて受け入れ体制が整っていないところもあれば、残念ながらお断りという自動車学校も少なからず存在しています。

免許取得を目指せるかどうかの判断と注意点

まず、教習所で車の運転免許を取得するため運転教習を行えるのかどうかを、都道府県の運転免許試験場で適性相談を行います。こちらでは無条件適格・条件付き適格・不適格の3つで判断がされます。教習所では適性検査は行われませんので、必ず都道府県の運転免許試験場で行わなければならず、注意が必要です。

適正相談の結果無条件適格と判断されたら、程度が軽度で車の運転には支障はないという判断になるため、特に気にせず合宿免許に申し込むことができます。条件付き適格と判断がなされれば、特別な運転装置の付いた車や排気量限定で運転免許にチャレンジすることが可能です。例えばアクセルやブレーキに手動装置を使うなどが挙げられます。条件付き適格の人は、教習所に自分に合う改造車があるかどうかを確認しなければいけません。ない場合は自分でメーカーに注文して教習所に持ち込むことも可能です。

合宿免許への参加は教習所の判断になります。参加が難しいと判断された場合でも、通学での免許の取得に挑戦するという道もあります。 相談の結果不適格と判断されてしまったら、リハビリに励んで再度適性検査に臨む必要があります。あきらめることなくチャレンジを続けて、結果運転免許を取得できたという人もたくさんいます。すべての人に門戸が開放されているとは言えませんが、運転に支障がないという判断が出れば免許を取得し、公道を走ることが可能です。

国からの助成を受けることもできる

都道府県の運転免許試験場で条件付き適格や不適格と判断されてしまった場合、車の改造や必要な機器を購入する必要が生じます。その際の費用負担は軽微なものから、比較的高額なものまでさまざまです。これらを簡単に負担して運転免許の取得にチャレンジするなりできれば良いのですが、そこがネックになって諦めてしまう人もいます。

そんな人の助けになるのが、助成制度です。 必要な機器を揃えたり車を改造するときの費用を一部、国から助成してもらうことができます。助成の窓口は区役所や市役所役場です。いくつかの提出書類を準備しなければいけません。

例えば、身体障害者用自動車改造等助成申請書や、自動車改造費の見積書等です。なお新車購入の場合は、通常車両の見積書と福祉車両の見積書双方が必要になります。その他にも用意するものはあり、身体障害者手帳や印鑑などです。

助成してもらえる額は各市町村によって違います。一般的には10万円から60万円程度の範囲内で助成が受けられるところが多いです。受付そのものは随時行っているため、まずは相談をしてみましょう。はっきりしている場合はもちろん、曖昧でどちらかわからないような場合でも、気軽に相談をすることができます。必要書類に関しても質問をすればきちんと分かりやすい言葉で答えてくれるため、悩んだら問い合わせてみると良いです。

 

たとえ障害があっても、合宿免許で運転免許証の取得にチャレンジすることはできます。まずは自らのハンデキャップの程度を知り、気持ちよく受け入れてくれる体制を整えているところを選ぶと良いです。国から助成を受けられる場合もあるため、よく調べ、わからない部分は問い合わせてみるなどして少しでもお得に合宿免許に参加するのが賢い選択です。

合宿免許でおすすめの教習所一覧

イメージ12345
会社名ドライビング・スクールかいなん静岡県セイブ自動車学校新潟中央自動車学校トヨタドライビングスクール群馬カースクール多度津(多度津自動車学校)
ポイント年間入校者数4,000人以上!失敗しない合宿免許ならここシンメトリーで個性的な建物と充実したサービスが嬉しい珍しい車両も用意された充実のバックアップ体制が魅力選べる宿泊プランでカップルでの合宿免許にも最適!美しい景観の路上教習と充実した指導体制が魅力です!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧