【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

社会人向けの合宿免許はある?

合宿免許という言葉を聞くと、長期休暇を利用しやすい学生をイメージする人は少なくありません。

確かにまとまった休みがある学生なら、2週間や3週間まとめて時間を取る事は比較的簡単です。

しかし、社会人や子どもがいる人でも、少しの予備知識とやる気さえあれば、効率的に短期間で免許を取得することができます。

 

合宿免許への参加の仕方と狙い目シーズン

社会人に合宿免許が可能なのかという質問はよく目にしますが、実際にはこの方式を利用して運転免許を取得する社会人や主婦もたくさんいます。会社員として働きながら教習所に通うのが難しいサラリーマンや、短期集中型で免許を取ってしまいたいと言う主婦など様々な層が参加しているのが現状です。

サラリーマンの場合は、大型連休を使ってそこに有給休暇をプラスすることで参加するようなケースもたくさんあります。 会社員として働いている人が教習所に通いながら運転免許の取得を目指す場合は、仕事とプライベートの兼ね合いでスケジューリングは難しくなってしまいがちです。

また、通学を選ぶとまとめて教習を受けることができなくなるため、教習所に通う期間も長期化して挫折しまう人も少なくありません。 そこで、合宿免許を利用すれば短期間の教習で一気に免許取得が可能です。最短2週間程度で取得できてしまうため、社会人が教習所に通う上で起こりがちな様々な悩みを解消することができます。

社会人の立場で合宿免許を考えるとき、よりスムーズに効率よく運転免許を取得するためには、どんな時期を狙うべきでしょうか。おすすめできる時期としては、学生の多いシーズンを外したタイミングです。例えば7月の下旬から9月の下旬にかけては、学生が夏休みを利用してたくさん訪れます。同様に1月の下旬から3月の下旬にかけても多いです。それ以外のいわゆるオフシーズンを狙うのが、賢い選択と言えます。

 

子連れでも参加できる自動車学校もある

子連れで参加をする利用者も、もちろんいます。そんな人のために、託児所などがある自動車学校が増えてきました。小さな子どもがいる中で、2週間や3週間もの間、誰かに子どもを預けて合宿免許に参加するのは多くの人にとって現実的ではありません。

近くに安心して預けられるところがあれば話は別ですが、それは比較的特殊な環境と言えます。託児所があれば、集中して免許取得に励むことが可能です。ただし、託児所を設けている自動車学校でも合宿では入校できないところもあるため注意が必要です。事前に託児所のあり方や、生徒の受け入れ体制について問い合わせてよく相談しておくと安心できます。

子連れの場合も、申し込むタイミングは重要です。学生の夏休みや春休みと重なる時期に入ってしまうと、グループで申し込んでいるたくさんの学生と一緒になってしまいます。オフシーズンを選んでおけば落ち着いて勉強することができ、自分のペースで過ごせる環境を整えやすくなります。

同じように託児所を利用する人がいれば話も合いやすいですし、お互いのことを理解できているため共に学習する励みにもなります。似たような境遇や年代の人が集まりやすいので、その後も情報交換をするような仲間ができやすいのもメリットです。運転免許を取得した後、一緒にドライブに出かけるような友達ができる環境を手に入れることができます。

 

世代的に浮いてしまわないか心配な人にも

学生を対象にしているイメージが強い合宿免許なので、社会人として参加をするときに浮いてしまうのではないかと心配する人がいます。確かに、長期休暇の夏休みなどに参加をすると、周りが学生ばかりという可能性はあります。

しかし、あくまでも目的は運転免許の取得なので、あまり気にする必要はないです。 同じ教室の中で、社会人が参加して真面目に学科に取り組んでいても何ら不思議は無いですし、違和感もありません。むしろ真面目に取り組む大人がいることで、プラスに作用することもたくさんあります。

宿舎の部屋を1人部屋にするプランなども存在しますし、相部屋で若い人と一緒になってもそれほど気にならないという経験者の声は多いです。逆に、歳の離れた友人や知り合いができたと喜ぶ声の方が多いほどです。お互い刺激にもなりますし、問題を出し合って学習効率を高めることだってできます。

合宿免許に来ている人たちは、同じ目的に向かう同志という絆が生まれやすくなります。参加者の年齢はあまり気にすることはありません。 それでも気になるという人には、主に社会人を対象にした合宿免許のプランも存在するので、的を絞って探すのも1つの手です。 多少やりにくい空気を感じたとしても、過ごす期間はたった2週間です。勉強に集中していればあっという間に過ぎる時間ですし、目的意識さえしっかり持っていれば、苦痛は感じません。

 

子連れの人やサラリーマンでも合宿免許に参加することはできます。探せば社会人向けのものもたくさんあるので、こだわりを持って選ぶことも可能です。オフシーズンを選んで入校すれば混雑を避けることもできますし、集中して勉強に臨むこともできます。

サイト内検索
記事一覧