【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許が混雑する時期

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/07/02

これから免許の取得をしようと考える時、申し込むタイミングについて悩むかもしれません。

合宿免許の場合だと、混雑する時期があります。

たくさんの人がいても問題はないのですが、教習所側で実技用の自動車が足りなくなってしまって思うように授業が進まなくなったりすることもあるので注意しておきましょう。

 

繁忙期ってどんな特徴があるの?

合宿免許における繁忙期というのは、高校生や大学生たちの休暇に当たる夏や春の時期です。春は2月頭頃から3月末、4月頭にかけての頃に集中します。このときはどちらかというと高校卒業間近である18歳になる地元の学生たちが、早めに取得しておこうと計画を立てて申し込みが殺到します。夏の休暇は7月後半から9月の頭頃までで、このときには主に時間に余裕のある大学生たちが集中するため、全国各地でも慌しく人が集まる時期となるのです。

春と夏であれば春の方がさらにハイシーズンとなるため、料金も高めになりますし、予約も取りにくくなります。繁忙期が近づくほど申し込んでも取れなくなることがありますので、申し込みを検討しているのであれば逆算をして計画的に予約をしておく必要があります。

若い人たちが多く集まるので、グループ参加も多かったりしますから、一人で気後れしそうだと思うのであれば、ずらして申し込みをするという手もあります。

入校後もスケジュールに沿ってしっかりと勉強をしていかないと、たくさん人がいる分だけ質問をしたりするのが難しくなってきますので、計画を立てて卒業ができるように日々を過ごすことも重要になります。賑やかな雰囲気で勉強する方が合っているという方や、多くの出会いを求めている方には多くの人が出入りするので、とてもよい時期とも言えるでしょう。

 

空いている時期はいつ頃ぐらい?

合宿免許における入校者が少ないのは、閑散期とも呼ばれている繁忙期以外の頃を指しています。4月の後半から7月の前半にかけてと、夏が終わって秋頃の10月から11月頃が特に人が少ない時期なので、都合のいいときに申し込みをしても断られたりするというのはよほどのことがない限りありません。

料金面でも繁忙期に比べると安くなるので、とにかく料金重視で免許取得を検討しているのであれば閑散期を狙いましょう。キャンペーンやさまざまな企画が出てきたりもするので、より一層安く免許取得をすることができます。教習所側でもあまり人が集まらないので、値段を下げてでも多くの人に入学して欲しいと思っているからです。

学科も落ち着いて受けることができるので静かに集中することができますし、実技を始めるときも混んでいたりすることもなく、希望の日程や時間で学ぶことができます。先生自体にも余裕が出てくるので、どことなくゆったりとした雰囲気なので質問をしたりするのも気持ちが楽です。

寮や宿泊施設にも空きが出てきて、一人部屋も申し込みがしやすいので快適に過ごしながら勉強が続けられるのも良い所と言えるでしょう。急いでいないのであれば、なるべく閑散期に合宿免許に参加する方が費用面でもお得ですし、学ぶ環境としても静かですし希望が通りやすいので非常に学びやすい時期となっています。

 

申し込むベストなタイミングは?

教習所側で忙しいときもあれば閑散としている暇なときもあるというのは分かりますが、それならいつ頃合宿に申し込むのが良いタイミングなのでしょうか。年間を通して少しでも料金を安くするのであれば、早割りやグループ割などのキャンペーンが多く展開している時期を見計らいましょう。

繁忙期の場合は2~3ヶ月ぐらい前からでも申し込みは可能ですが、非常に多くの学生が殺到するため、問い合わせだけでも早めにしておくことに越したことはありません。一人部屋などの良い環境で申し込みたいのであれば、なおさら早めに申し込みを済ませておくようにしましょう。

その反対で、あまり人がいない閑散期については、急ぐ必要もないのでいつ申し込みをしても構わないでしょう。すぐに入学できることも多いので、割引適用がたくさんできそうなときに申し込みをすることで、料金をさらに安くすることができます。

確実に参加したいというのであれば、早めの行動をして予約を取っておくことです。その後は予約をしたことを忘れずに、きちんと計画を立てて必要書類の準備や支払うお金を工面しておくと入校までがスムーズになります。

自分の入学したい時期に合わせて、料金も含めて勉強しやすいときがいつなのかを考えた上で決めて下さい。後悔することなく免許取得をするために、きちんと手続きをすることをおすすめします。

 

合宿免許の参加をしようと思ったら、混雑するときもあればそうでないときもあります。人の多い繁忙期は料金も高くなりますし、早めの予約をしておく必要があるので注意しながら、申し込みを終わらせて免許取得に挑みましょう。

サイト内検索
記事一覧