【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

高校生で免許が欲しい!合宿免許はいつから通える?

高校生で自動車の免許証が欲しい人は、通常の自動車学校では中々短期間で取ることが出来ない自動車の免許証が合宿に参加すれば短期間で手に入ります。

もちろん筆記試験と実技試験は合格することが前提条件ですが、泊まり込みで短期集中することで通常自動車学校で費やす時間よりも遙かに少ない時間で運転免許を取ることが出来ます。

今回はそのやり方とおすすめの時期をお伝えします。

 

合宿免許が高校生にとっておすすめの訳

合宿免許を取るには合宿免許取得プログラムに参加する必要があります。

どこでやっているのかよく分からない人でも、インターネットがこれほどまでに発達したら合宿免許と検索すれば全国の情報が出てきます。

ここでの合宿先を選ぶためのおすすめは2つあります。

1つ目はなるべく近くの場所を合宿場所としている所に申し込みましょう。

僻地だとまずそこで体を順応しなければならず、あとからおすすめの時期を述べますが、その時期が寒い冬に当たるので、東北や北陸だとすぐに風邪を引いてしまい免許取得どころでなくなってしまいます。

文字通り合宿に通うわけで、どちらかというと閉鎖的な空間に閉じ込められます。

一人が体調不良による風邪などを引いてしまった場合、同時期に合宿に申し込んだみんなに迷惑を掛けることになるので、自主退学せざるを得ません。

万全の体調で合宿を迎えるためにもなるべく近場で自身が順応できる場所を選択しましょう。

2つ目は少しくらい高くても長年多くの合格者を出している実績がある合宿所を選びましょう。

基本的に自動車の運転免許は100パーセントに近い合格率があるのでまず落ちることはありませんが、通常の自動車学校と比べて短期間で習得しなければなりません。

また、短い期間を設定している合宿所だと1ヶ月未満で合格を目指しているカリキュラムを組んでいるところがあるので、なんとしても合格するんだと気合いを入れて取り組む必要があります。

 

高校生が自動車合宿に通うのにおすすめの時期

次に高校生が自動車合宿に通うにあたりおすすめの時期は年末年始から冬休み、もしくは冬休みから卒業式を迎えるまでの間になります。

どちらにも通じることとして学校が休みであることが前提条件になります。

いくら運転免許を取得したといっても学校を卒業できなければ意味がありません。

自動車で学校まで通うとなると良い笑いものですし、そもそも通学に自動車を認めていない学校がほとんどです。

休みの時期に集中して合宿に通い免許を取ってしまいましょう。

卒業後の進路が社会人として働く場合、高校生の就職活動は年末年始辺りに一度山場を迎えるため、早いとその時期に既に進路が決まっている人がいます。

また、私立大学受験合格者の場合、推薦という形でかなり早い段階で合格している生徒がいるので、その場合は年末年始にかけてどちらかというと暇な状態が続きます。

友達は国公立大学の受験でまともに時間を取って遊ぶことが出来ないとなると、この時期を有効活用するために合宿に通ってさっさと免許を取得してしまいましょう。

そうすれば友達が受験を終了したら中古の自動車を購入して友達と遊びに行けます。

行動範囲がこれまでに比べて大幅に広がるので、大人としての第一歩を自動車の運転で体験することが出来ます。

選挙権がいずれ18歳からもらえるといわれていますが、実際に大人になったと実感できるのは自動車を運転している瞬間です。

国公立受験が控えている人は大学に入るまでに合宿へ行きましょう。

 

合宿にはいつから参加できる?

そもそも普通自動車免許を取得するには18歳以上であることが必要です。

そのため免許センターで試験を受ける際には皆さん18歳になっているわけですが、合宿に参加している期間はどうなのでしょうか。

実は仮免許を取得する際に受ける修了検定の時に18才になっている必要があります。

修了検定は合宿期間の中頃(7日目~9日目頃)に行われますので、おおよそですが誕生日の1週間前あたりが免許合宿に参加できる最短の時期と言えそうです。

 

合宿免許をすんなり取るためには?

合宿免許をすんなり取るのに1番良い方法は既に運転している家族に聞くことです。

何十年経っても運転ルールは劇的には変わっていないので、受かっている人から知識を得るだけでもかなり意識が違ってきます。

0から始めるのと1から始めるのとでは合宿の講義の集中度が変わってきます。

合宿期間は朝から晩まで合宿所で講義および実技があるので、疲れますがひたすら集中します。

寝床に戻ってからもよほど優秀な人でなければ、勉強に費やしましょう。

少しくらい遊ぶ時間が欲しいと思いがちですが、合宿期間で運転免許が取れなければ、何十万ものお金を無駄にしてしまいます。

良心的な合宿所では期間を延ばしてくれるところも中にはありますが、追加費用は当然かかります。

一つの場所に物や人を集約することは費用がかかるので仕方が無いですが、筆記試験と実技試験をそれぞれ一発合格できるように勉強の日々を送ることが大切です。

大学受験や就職試験をくぐり抜けてきて年齢的にも若い高校生ならやる気と元気があるので1ヶ月弱勉強づくしでも全く問題ありません。

そこで友達を作ることが大切です。

いくら頑張ろうと思っても一人で最初から最後まで過ごすのは精神的につらいものがあります。

基本的に遠くの場所から合宿所に来ているので誰もが不安に思っています。

そんな時に自分から声を掛けることでずいぶん気が楽になるので友達が作りやすくなります。

苦手な分野があれば問題を出し合うことで合格により近づくのです。

 

サイト内検索
記事一覧