【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

持病があっても合宿免許参加は可能?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/02


自動車の運転免許を取得するならば、大抵の人が教習所や自動車学校に通うか、合宿免許で短期間の取得を目指します。でも持病がある人の場合には、合宿免許に参加することは認められるのか、そもそも自動車の運転免許を取得できるのかということも調べなければいけません。そこで知っておくべき問題点について、詳しくみていきましょう。

持病があっても運転免許を取得できる

持病というのは、長く患っている病気のことを指すものですから、いろいろな種類があります。ですから、持病がある人が自動車の運転免許を取得できるのかについては、答えはひとつではありません。

警察では、運転免許の取得を拒否あるいは保留する特定の病について、いくつか名前を出しています。たとえば認知症や転換、不整脈などでたびたび失神をしている人、躁鬱症の患者、アルコール中毒患者などです。いずれも運転中に、発作が起きたり正常な運転ができない状態になる可能性がある病気です。

ただ、該当する病気だからといって、必ず運転免許の取得が出来ないわけではありません。一律ですべての患者に運転免許の取得を拒否すれば、それは差別に繋がります。

症状の程度は人によって異なり、軽度であったり薬を飲めば発作を抑えられる場合もありますから、検査を受けて大丈夫だと判断されたならば、取得を目指すことが出来ます。

そのときには、自己判断で取得を目指すのではなく、主治医に診断書を書いてもらいそれを公安委員会に提出することが必要です。しかも診断書は免許の更新をするときにも提出しなければいけません。

手間がかかりますが、自動車を運転して事故が起きれば、自分だけでなく周囲のドライバーや通行人の命も奪うことになります。運転免許を持つ必要性を慎重に考えることが大切です。

病気について正しく申告をしなければいけない

持病を持っている人が、合宿免許に参加したいというときには、それを隠して参加はできません。なぜならば、2014年に改正された改正道路交通法で、必ず申告をしなければいけなくなったからです。申告は質問票に答える形で行われます。

質問票では具体的な病気については、わざわざ書かなくても良いのですが、例えば過去5年以内に病気が原因で意識を失ったことがあるのか、医師から運転免許の取得や運転を控えるように助言を受けたのか、と問いかけに「はい」「いいえ」で答えていきます。

もし、それぞれの質問で「はい」を選んだとしても、運転免許を取得できるかは医師の診断と運転適性相談によって判断されます。したがってすぐに運転免許の取得が出来ないというわけではありません。

それなら、いい加減に答えてもいい妥当と思うかもしれませんが、質問には正しく答えることが義務付けられています。質問票を書きたくないと思っても、提出をしなければ運転免許の取得は出来ません。なので、どれだけ持病を隠したいと思っても申告せずには合宿免許に参加できない仕組みです。

もし、この質問票で悪い印象を与えたくないと、虚偽の回答をしたときには1年以下の懲役か30万円以下の罰金が科せられます。ですから仕事や買い物など日々の生活でどうしても運転免許が必要だとしても、絶対に誤魔化してはいけません。

合宿免許の入校条件や契約内容を確認しよう

合宿免許に参加するために、持病の申告を正直にしたけれども、入校条件で断られることがあります。たいていのところで入校条件の対象になってしまうのは食物アレルギーを持っている人です。

これは運転中に発作が起きるのが問題というよりも、合宿で皆が同じ食事を摂る生活になることが原因です。合宿免許では大人数の食事をつくるので、食物アレルギーや宗教上の戒律などを考慮することが難しい状況です。食事が出来ないと、座学や実技講習を頑張っても最後まで生活が出来ません。

ただ、合宿免許によっては食事がついていないところもあります。宿泊施設に調理器具やキッチンが完備されているので、そこで自分の好きなものを食べられます。そういったところであれば、食物アレルギーを除外した食事を毎日続ける事ができます。

それから、合宿免許に参加したとして、何らかの事故が起きる可能性もあります。健康な人であれば、怪我をしたときの通院・入院で見舞金の支払いが行われます。しかし、持病を持っている人が、発作などで事故を起こしたときには、見舞金を支払うことが出来ないという契約が盛り込まれている事がよくあります。

万が一の事故に備えがないというのは不安が生じるでしょうが、これはほとんどのところで共通していることです。運転免許を取得したいと考えているならば、それを承知の上で目指す必要があります。なので、持病を持っている人は、合宿期間中に事故が起きないように、慎重な行動が求められます。

 

持病を持っていても、症状や投薬治療によって安全に自動車の運転ができる人がいます。医師の診断および適性相談で運転に問題がなければ合宿免許に参加することは可能です。

ただし、病気が原因で失神した経験があるのか、といったことを正直に申告する必要があります。また食物アレルギーなどを持っている人は入校条件で断られたり、事故が起きたとの補償が出ないので気をつけなければいけません。

合宿免許でおすすめの教習所一覧

イメージ12345
会社名ドライビング・スクールかいなん静岡県セイブ自動車学校新潟中央自動車学校トヨタドライビングスクール群馬カースクール多度津(多度津自動車学校)
ポイント年間入校者数4,000人以上!失敗しない合宿免許ならここシンメトリーで個性的な建物と充実したサービスが嬉しい珍しい車両も用意された充実のバックアップ体制が魅力選べる宿泊プランでカップルでの合宿免許にも最適!美しい景観の路上教習と充実した指導体制が魅力です!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧