【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許の雰囲気について

合宿免許では10日~2週間ほどの期間にわたり宿泊施設に滞在して教習を受けます。

教習期間中は一緒に入校した人と寮や教習所内で会うので、短い期間に親しくなる人が多いです。

1人で参加すると知り合いがいないので不安に感じるかもしれませんが、時期や部屋プランを上手に選ぶことで教習期間中に他の教習生と一緒に楽しい時間を過ごすことができます。

 

教習中のライフスタイルでプランを選ぶ方法とは

合宿免許では、参加者の年齢層や立場によって宿泊施設や教習所内の雰囲気が変わります。

これに加えて教習生同士が交流をするかどうかは、利用する部屋タイプによっても違いがあります。

相部屋(レギュラー)プランの定員が多い教習所であれば、教習生同士がすぐに親しくなります。

これに対してシングルルームのみのプランであれば、教習生同士が交流をする機会が少なくなります。

他の教習生と交流をしたくない人は、シングルルームの定員が多いプランを選ぶと良いでしょう。

都市部の教習所では近隣のビジネスホテルを利用するので、シングルルームを利用するプランが多いです。

このような場合はホテルから教習所に通学をして、夕方になったらホテルに戻ります。

これは基本的に自宅から教習所に通う通学教習と同じなので、合宿教習の参加者が一緒に過ごす機会が少なくなります。

シングルルームを利用するプランは料金が高めなので社会人の参加者が多く、グループを作ってみんなで楽しく過ごすような雰囲気にはなりにくいです。

他の教習生と積極的に親しくなって仲良く過ごしたい方は、相部屋の定員が多いプランを選ぶことができます。

相部屋プランでは嫌でも教習生同士が顔を合わせなければなりませんし、共通の話題が存在します。

このため、すぐに教習生同士が親しくなって賑やかな雰囲気になります。

教習生同士で近くの居酒屋に行って飲み会をしたり、一緒にスポーツを楽しむケースもあります。

 

合宿に参加する時期で雰囲気が違います

部屋プランに加えて、参加する時期によっても教習生の雰囲気に違いがあります。

春休みや夏休みになると、合宿免許の利用者は大学生で一杯になります。

逆に学校の授業期間であれば学生の参加者は少なくなり、社会人で初めて運転免許を取得する人や取消処分を受けて再取得を目指す人が多くなります。

学生の参加者が多い時期はとても賑やかで、大学と同じような楽しい雰囲気になることが多いです。

教習生同士というよりも大学生同士の交流といった雰囲気になり、教習以外にも学校についての会話をする機会が多くなります。

逆に社会人の参加者が多い時期は年齢層の幅が広がる上に人数が少なくなるので、教習生同士の人間関係が希薄になる傾向が見られます。

学生の参加者が多い時期に少し年上の社会人が参加すると、周囲の雰囲気に馴染みにくく感じるかもしれません。

参加者の男女比ですが、女性よりも男性の方が多く参加しています。

平均的には男性が6割で女性が4割です。

女性の割合が少ない場合には、女性同士が親しくなる場合が多いようです。

男女間で宿泊施設が別なので、異性の参加者と会うのは教習の合間や食事の時に限られます。

そのため意識的に異性の参加者に近づかない限りは、男女の教習生が親しくなることはありません。

同じ教習所であっても、参加する時期によって参加者の立場や雰囲気が大きく異なります。

他の教習生と親しくなりたいのであれば、自分と似た境遇・立場の人が多く参加する時期を選ぶことが大切です。

 

1人で合宿免許に参加して他の教習生と親しくなる方法とは

高校を卒業してから地元の教習所を利用すると、中学校や高校時代の知り合いに会う可能性が非常に高いです。

これに対して合宿免許では、教習所で知り合いに会う可能性が極めて低いです。

ほとんどの人は1人で参加しているので、誰も知り合いがいない状況で教習がスタートします。

このため、1人で参加する場合は人間関係に不安に思う人が少なくありません。

最近は人間関係が不安に感じる教習生のために、教習終了後にイベントを開催することで教習生同士が親しくなれるような教習所があります。

スポーツ大会を開催するなど屋外でバーベキューパーティーを実施することで、教習生同士が自然に仲良くなれるプランが存在します。

1人で参加して他の教習生と仲良くなりたい人は、イベントが開催されるようなプランを選ぶと良いでしょう。

大学であれば同じ学科の人であれば同じ講義を受ける機会が多くなるので、すぐに仲良しになることができます。

これに対して自動車学校の場合は教習生ごとに技能教習の時間割りがバラバラなので、教習の合間に他の参加者と親しくなれる機会が少ないです。

合宿免許の期間中に教習生同士が親しくなるのは、寮で一緒に過ごし、食事をする機会に限られます。

同性の参加者同士であれば、寮で過ごす間に会話をする機会があります。

これに対して宿泊施設が別の異性の参加者同士が知り合いになる機会は少ないです。

異性の参加者と親しくなりたい場合には、イベントなどに積極的に参加することが大切です。

 

サイト内検索
記事一覧