【格安なおすすめ合宿免許を徹底比較】女性や一人利用での口コミ評判も上々!人気自動車学校をランキングで紹介

合宿免許で使う教習車で事故を起こしたら弁償が必要?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/26

合宿免許に参加しようと考えている人の中には、教習に関する不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。

特に不安になりやすいこととして、教習車で事故を起こしてしまったらどうしようというものがあります。

教習中に車をぶつけてしまう事故は実際に発生しているので、注意が必要です。

教習中に事故を起こしたら誰の責任になるのか

教習中に車をぶつけてしまったり、かすってしまうこともあります。また、軽く接触してしまうだけではなく、強くぶつかってしまい教習コース内の標識を破損してしまうというケースも実際にあるのです。さらには、路上教習中に停車している車に接触してしまうといったこともあります。運転手が気をつけていたとしても咄嗟のできごとに判断を間違ってしまったり、無茶をすることでトラブルを引き起こすことがあると言えるでしょう。

このように内容は様々ですが、教習中に車をぶつけてしまうことは誰にでも起こり得ることで、決して自分はないとは言えないことです。ぶつけてしまったときの責任は指導している教官にあるだろうと思う人もいるかもしれませんが、実際には教官だけの責任ではありません

もちろん、指示すべきことができていなかったり、余裕があったにもかかわらず補助ブレーキを踏まなかったなどの理由があれば、教官の非が認められるでしょう。けれども、教官が適切な指導を行っていたにもかかわらず、無茶な運転を行った場合などは教官の責任だと言えません。

合宿免許中でも同じことが言えます。合宿免許中に車や施設内の設備を破損してしまえば、自分の責任となってしまうことも多いにあり得るのです。もしも、教官に非がないとわかれば、傷ついたものに対する責任をだれが負うのかという話になります。

教習車で事故を起こした場合は弁償が必要なのか

教習車で事故を起こした場合に、弁償してくださいと言われるケースは基本的にはありません。教習コース内の標識などを傷つけてしまったり、車自体に傷をつけてしまったとしても、弁償が必要であると言われることはないでしょう。なぜなら保険がかけられているので、万が一のときにはそこから修理費用などが出ます。

たとえ指導している教官に非がなく、教習を受けている運転手に責任があったとしても、お金を支払うように言われることはないでしょう。近頃はこういった万が一のときに備えた保険に入っていない教習所はないと言っても過言ではありませんが、もしものときのことを考えて、利用を検討している合宿免許ではどのような補償制度が適用されるのか知っておくと良いです。

ただし、お金による弁償が必要でなくても、事故を起こしたことに対する始末書の提出などがある場合もあります。こういった点は教習所によって異なっていると言えますが、車を傷つけたときに始末書や反省文を書きなさいと言われることがあっても、お金を支払ってくださいと言われることは少ないと言えるのです。

弁償は必要ではないかもしれませんが、車を傷つけてしまったり事故を起こしてしまうと、ケガする人が出てしまったり、ケガをした人がいなくても精神的にショックを受けてしまうことになるかもしれません。弁償の有無にかかわらず運転は注意することが大切です。

正式な免許証が発行される前でもドライバーとしての自覚が大切

たとえ教習中であっても、一人のドライバーとしての自覚は大切です。まだ正式な免許証が発行されていないから、何か起こっても責任がないなどと甘い考えを持ってはいけません。いざとなったら、教官が補助ブレーキを踏んでくれると安心している方もいますが、熟練の教官でも防ぎようがない事故が起こることもあります。

危険な目にあったり、だれかを傷つけてから後悔しても遅いので、合宿免許中でもドライバーとしての自覚を持ちましょう。特に仮免が発行されて路上教習を行うようになると、より気をつけておかなければ車をぶつけたりする可能性が高いです。教習所内よりも速いスピードで走ることになるため、何かがあったときにはより大変な事態を引き起こしてしまうでしょう。

仮免と言っても、路上で運転できる技術があると認められているわけですから、車をぶつけてしまったときにその責任の全てを教官のせいだと言うことはできません。合宿免許中は短期間で免許を取得するために、気が付かないうちに疲れが溜まっているかもしれないですし、また遊びに気をとられて注意力が散漫になる可能性もあります。

合宿免許によって免許取得を目指す場合でも、教習の際には毎回気を引き締めて臨むようにすることが大切です。正式な免許証が発行される前でも、ドライバーとしての意識を持つようにしましょう。

 

合宿中に車や設備を傷つけてしまった場合、補償制度が適用されれば弁償をする必要はありません。しかしながら、たとえ教習期間であってもドライバーとしての自覚を持っておくことが大切です。まずは事故を起こさないような運転を心がける必要があります。

サイト内検索
記事一覧